東京大学基金ホーム > 寄付の成果 > 支援プロジェクトの成果 > 東京大学野球場人工芝貼替え

東京大学野球場人工芝貼替え(東大球場・芝基金)

2012年3月24日(土)東京大学野球場人工芝貼替え竣工記念式典及び祝賀会開催(東大球場・芝基金)

写真:東京大学野球場人工芝貼替え竣工記念式典

東大球場の芝劣化により、かねて懸案であった人工芝貼替え工事が3月24日無事に竣工を迎えました。これを記念して東大球場の観覧席で記念式典を行い、緑鮮やかな芝を踏んで感触を確かめていただき、向ヶ岡ファカルティハウス・アブルボアへ移動して祝賀会を開催しました。

当日は小雨が降る中で、鈴与(株) 鈴木 与平社長、(株)リョーユーパン 北村 俊策社長、(株)ナガセ 永瀬 照久常務など法人7社の寄附者、硬式野球部OB会(一誠会)会長橋本正幸氏、一誠会OBの滝川 一興氏をはじめとする個人寄附者、学内から江川理事、杉山副理事(現総長室顧問)、古田運動会理事長をはじめ総勢80名近くの方々にご出席いただきました。今回の「東大球場・芝基金」に対しては、総勢400にのぼる方々からご寄附をいただきました。ここに本基金の趣旨にご賛同をいただきました皆さまに厚く御礼申し上げます。

本基金は昨年9月から正式に寄附募集を開始しましたが、年末に募金目標額達成の見通しが立ったことから、一日でも早く安全な環境で学生が練習に取り組めるよう、計画を約半年前倒しして本年1月中旬から芝貼替え工事を開始し、3月19日に人工芝に加えてフェンスの貼替えも完成しました。
「東大球場・芝基金」の寄附募集は3月31日に終了しますが、グラウンドのタイムリーなメンテナンスと次回の芝貼替えに備えて新たな基金プロジェクト立上げを検討中です。引続きご支援の程よろしくお願いします。

写真:東京大学野球場人工芝

写真:東京大学野球場人工芝

※肩書きはすべて式典当時のものです。

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧