駒場リベラルアーツ基金

ー 世界に通用する実践的な知性と想像力を育む ー

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学大学院 総合文化研究科長・教養学部長
真船 文隆

今年度寄付総額
2,866,000円
今年度寄付件数
35件
現在の継続寄付会員人数
4人
累計寄付総額
28,613,866円

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

リベラルアーツとは

東京大学が目指すリベラルアーツとは、専門教育が始まる前の単なる予備段階としての教養教育ではなく、様々な境界を横断して複数の領域や文化を往き来する思考や感性の運動そのものを指します。かつて言われてきた単に部分的専門的な知識の基礎である一般教養を身につけ、人間として偏らない知識をもち、どこまでも伸びていく真理探求の精神を植え付けることという定義とは一線を画すものです。こうしたリベラルアーツを「学士前期課程ー学士後期課程ー大学院」という一貫した教育研究組織で培うのが、駒場キャンパスです。学部から東京大学で学ぶ学生は、駒場キャンパスでリベラルアーツに存分に触れ、無限にある可能性を認識し、入学当時の関心に縛られることなく専門性を模索することが可能なのです。

 

駒場で培われるリベラルアーツ

駒場キャンパスには、世界各国からの留学生を含む8,000名以上の優秀な学生が在籍しており、学際性・国際性豊かで多彩な人材や、分野横断型の知識と先見性を備えた問題発掘・解決型の多様な人材を養成、輩出しています。学部の前期教養課程で学んだものの中から、各自が関心を持ったテーマ(分野)をそのまま後期教養課程でも学び、大学院総合文化研究科で究めることができるのは、駒場キャンパスの強みといえます。 
駒場リベラルアーツ基金は、こうした特性を持つ駒場キャンパスの一貫した教育研究組織の更なる発展と環境整備を目的として設置されています。

v2イチョウ並木 - コピー.png

 

駒場を進化させる3つの支援

◆学生支援
 ・駒場に集う学部学生・大学院生への給付型奨学金の拡充
 ・On campus job*の充実、リサーチ・アシスタント(RA)の拡充
*学生が研究・学修活動を通じて得た知識や技能・技術を活かして大学業務に参画することにより、自身の研究内容等をキャンパス内で実装経験を積むとともに、当該学生の経済的支援に繋げること

◆研究支援
 ・教員の研究活動への研究費支援
 ・ポスドク(博士号取得者)雇用促進

◆環境改善
 ・経年した設備の改修
 ・研究、教育施設の拡充

施設の建設・改修事業について
2023年4月1日〜2033年3月31日の10年間を特別期間として、 教養学部1号館(時計台)改修及び駒場図書館II期棟建設費用のためご寄付を募集します。

■特別期間中の寄付目標総額:24億円

対象施設 寄付目標額

1号館(時計台)改修

8億円
(事業費見込総額23億円、うち建築資金15億円)

図書館II期棟建設・維持管理

16億円
(事業費見込総額68億円、うち建築資金52億円)

1号館(時計台)
駒場Iキャンパスの正門を入って正面にある 1号館は、本郷キャンパスにある安田講堂の建築設計を行った建築家・内田祥三により、1933年(昭和 8年)に建設されたゴシック様式の建物です。時計台がある建物はキャンパスを象徴する景観となっています。また、平成12年には国の登録有形文化財に登録されました。東京大学では、この1号館について、創建時の趣きを復元し、現代のニーズを満たす機能改善と向上を目的とした改修を、令和5年から行っています。

220511_yn_0003.jpg


図書館II期棟
駒場図書館は、東京大学の拠点図書館として、学習図書館としての機能と研究図書館としての機能をあわせて提供しています。しかし、近年の配架スペースの不足による図書資料の分散や保存についての懸念を解消するため、II期棟を建設することにより、新たに「知のアーカイブ」としての役割を担います。さらに図書館内に設けられる多目的スペースでは、大学と社会の連携を行うイノベーションコモンズとしての役割も期待されています。

 

ご支援のお願い

東京大学では、設立以来、教養教育(リベラルアーツ教育)を学部教育の基礎として重視してきました。流動化する社会において、知的基盤としての教養教育に対する社会的要請は強まっており、大学院総合文化研究科・教養学部を有する駒場キャンパスにおける教養教育の実践は、その重要性を高めています。

駒場リベラルアーツ基金は、東京大学の中でもそうした特徴を持った駒場キャンパス(大学院総合文化研究科・教養学部)における教育・研究活動の活性化を目的としています。

寄付の使途としては、「駒場を進化させる3つの支援」にあるように、おもに①学生支援②研究支援③環境整備に充当します。駒場に集う多様で優秀な学生を大切に育み、各界をリードする多彩な人材や第一線で活躍する数多くの創造的研究者を養成し、世に送り出します。

駒場リベラルアーツ基金は、2022年の設置以降、保護者、OB・OG、教職員のみならず、より広く社会全体にご支援お願いしており、お寄せいただきました浄財は、学生や教員の教育研究はもちろんのこと、1号館(時計台)改修や駒場図書館Ⅱ期棟建設など、学生が日々使う施設の大規模な環境整備にあてられます。皆様の温かいご支援が、学生たちの前期課程での学習環境をより良いものとし、充実した教養学部生活の実現に繋がります。

「世界の誰もが来たくなる東京大学」になるためには、その教育・研究の礎となるリベラルアーツ教育を担う駒場キャンパスの充実が不可欠です。そして、こうした駒場キャンパス(大学院総合文化研究科・教養学部)における教育・研究について全般的な支援を求めるプロジェクトには、従来の予算だけではなく、柔軟に対応できる皆様のご寄付による財源の多様化が必要です。

リベラルアーツ教育は一朝一夕でできるものではありません。継続的なご支援こそが駒場リベラルアーツ教育をより強固なものとするのです。
駒場キャンパスから未来を築く卓越した人材を多く輩出し、社会を変えていくために、ぜひ皆様の応援をよろしくお願い申し上げます。

東京大学大学院
総合文化研究科長・教養学部長
真船 文隆

※  駒場キャンパス紹介動画はこちら
※「駒場リベラルアーツ基金」特設サイトはこちら

UT_komabakikin_banner_page-0001.jpg

 

【研究や活動に関するお問い合わせ】
東京大学教養学部等事務部経理課研究支援チーム
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
電話:03-5454-4419
E-mail:ken9.c@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
(※電子メール送信の際は、@を半角に直してください)
ロゴとユータス2.gif

【ご寄付のお問い合わせ】
東京大学基金事務局
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-1217
FAX:03-5841-1219
お問い合わせフォーム:https://utf.u-tokyo.ac.jp/faq/contact

■関連リンク
大学院総合文化研究科・教養学部ウェブサイト
・Facebook 日本語 English
・X(旧Twitter) 日本語 English
・YouTube
・Instagram

 

このプロジェクトに寄付をする

【特別ご招待】真船学部長が案内する駒場Ⅰキャンパスツアー~1号館時計台と地下道の秘密~

2024年06月04日(火)

PJ画像0

いつも「駒場リベラルアーツ基金」へのご支援をありがとうございます。
 
「駒場リベラルアーツ基金」は、駒場Ⅰキャンパス(大学院総合文化研究科・教養学部)における教育・研究活動の活性化を目的として2022年の設置以降、保護者、OB・OG、教職員のみならず、より広く社会全体にご支援お願いしてまいりました。集まったご支援は、学生や教員の教育研究はもちろんのこと、1号館(時計台)改修や駒場図書館Ⅱ期棟建設など、学生が日々使う施設の大規模な環境整備にあてられます。
皆様の温かいご支援が、学生たちの前期課程での学習環境をより良いものとし、充実した教養学部生活の実現に繋がります。
 
この度、「駒場リベラルアーツ基金」では、皆様の日頃のご支援への感謝を込めて、キャンパスツアーを実施することといたしました。本ツアーでは、大学院総合文化研究科長・教養学部長の真船文隆教授自ら、皆様に駒場Ⅰキャンパスをご案内いたします。
 
ツアーの目玉は、2024年7月25日より改修工事が始まる教養学部1号館(時計台)の内部見学と、日頃学生も立ち入ることができない秘密のエリア地下道内部の公開です。ぜひこの機会に、小説『わが一高時代の犯罪』の舞台となった1号館の時計台からの眺望をお楽しみください。また、今年創立150周年記念を迎えた第一高等学校時代の寮生が使っていたとされる地下道で、駒場Ⅰキャンパスの歴史を感じていただけましたら幸いです。
地下通路2.JPG
 
尚、皆様を安全かつスムーズにご案内する為、誠に勝手ながら、今回は2022年7月1日~2024年6月30日までに一括20万円以上、当基金にご寄付をお申込くださった方を対象とさせていただき、先着25名様限定での開催とさせていただきます。予めご了承ください。
 
【開催日程】
2024年7月20日(土)10:15~12:00(終了予定)※雨天決行
 
【集合場所】
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階エントランス
※10:15にお越しください。
※駒場博物館内部のお化粧室をお使いいただけます。
 
【タイムテーブル】
10:15 駒場博物館1階エントランス集合
10:30 真船学部長によるキャンパスツアー開始(1号館時計台、地下道内部見学含む)
12:00 駒場博物館1階エントランス解散
   ※解散後、各自で駒場博物館をご自由に見学いただけます(入館無料)
 
【服装・持ち物】
歩きやすく滑りにくい靴、お飲み物、汗拭きタオル、日傘または帽子等
※約1時間ほど屋外を歩いていただきます。途中、階段の昇り降り(1号館時計台はビル6階建て相当)がございます。
※前日および当日の天候によっては、キャンパス内に滑りやすくなっている箇所がございます。
※お手荷物はご自身で管理をお願いいたします。
※キャンパス内に自動販売機の設置がございます。
 
【お申込】
2022年7月1日~2024年6月30日までに、一括20万円以上「駒場リベラルアーツ基金」にご寄付をお申込下さった方で、本ツアーへの参加をご希望の方は、2024年7月1日(月)までに、以下の「お申込フォーム」を担当:浦野みづき(mizuki-urano@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)まで送付ください。
※ご寄付者様お一人につき、一名様まで同伴が可能です。
※お申込は先着順とさせていただきますので、ご希望の方はお早めにお申込ください。
※2024年7月3日(水)までに、お申込の皆様にご参加の可否をメールでお知らせいたします。
 
---------------------------------------------お申込フォーム-------------------------------------
ご参加希望イベント:「駒場リベラルアーツ基金」寄付者特別キャンパスツアー
お名前:(姓)    (名)    
同伴者様:あり・なし ※ありの場合、お名前:(姓)    (名) 
携帯電話番号:
Emailアドレス:
備考欄:
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
【お問い合わせ先】
本ツアーに関して、ご不明な点がございましたら、担当:浦野みづき(mizuki-urano@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)までメールでお問い合わせください。
 
「駒場リベラルアーツ基金」では、「駒場未来プロジェクト」として、施設の建設・改修事業について、2023年4月1日〜2033年3月31日の10年間を特別期間として、 教養学部1号館(時計台)改修及び駒場図書館II期棟建設費用のためご寄付を募集しています。
 今後も、大学院総合文化研究科・教養学部における教育・研究に、皆様のご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

「駒場リベラルアーツ基金」特設サイトを公開しました!

2024年05月02日(木)

PJ画像1

「駒場リベラルアーツ基金」は、駒場Ⅰキャンパス(大学院総合文化研究科・教養学部)における教育・研究活動の活性化を目的として2022年の設置以降、保護者、OB・OG、教職員のみならず、より広く社会全体にご支援お願いしてまいりました。集まったご支援は、学生や教員の教育研究はもちろんのこと、1号館(時計台)改修や駒場図書館Ⅱ期棟建設など、学生が日々使う施設の大規模な環境整備にあてられます。皆様の温かいご支援が、学生たちの前期課程での学習環境をより良いものとし、充実した教養学部生活の実現に繋がります。

1号館-外観01.JPG


 今般、「駒場リベラルアーツ基金」特設サイトを開設しました。 特設サイトを通して、「駒場未来プロジェクト」についてより広く皆様に紹介していきます。「駒場未来プロジェクト」は、施設の建設・改修事業について、2023年4月1日〜2033年3月31日の10年間を特別期間として、 教養学部1号館(時計台)改修及び駒場図書館II期棟建設費用のためご寄付を募集するプロジェクトです。
特設サイトでは、国の登録有形文化財である教養学部1号館(時計台)と教養学部の図書館機能の変遷について、貴重な写真資料と共に紹介しています。ぜひご覧ください。また、駒場の歴史や新着情報についても、活発に情報発信していく予定です。

 今後も、大学院総合文化研究科・教養学部における教育・研究に、皆様のご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

UT_komabakikin_banner_page-0001.jpg
(上記画像をクリックすると特設ページにアクセスできます)
 

学生の国際研修体験記が届きました
「トリノから吹く風」

2024年04月24日(水)

PJ画像2
トリノの町を象徴するMole。現在は映画博物館として利用されています。この塔を左手に見ながら、滞在していた寮から大学へ向かった朝を思い出します。

2023年度、駒場リベラルアーツ基金の支援により、国際研修「トリノ大学イタリア語研修」に参加した学生より、体験記が届きました。

海外渡航型授業(国際研修)は、前期課程の学生が、異なる言語・文化の環境に触れ、国際交流の現場を体験し、グローバルな視野を養うことを目標とする授業です。授業は、必ずしも高度に専門的なものではありません。幅広い教養を身につけることが期待される教養学部前期課程の文系・理系の学生がともに興味・関心を持って学ぶことができ、教養学部ならではの「総合的な知」の構築を目指す授業内容となっています。

<体験記>トリノから吹く風
教養学部(前期課程)文科三類1年 大石礼音
留学(研修)先 イタリア トリノ
留学(研修)期間 二週間
留学(研修)先での専攻 イタリア語

この度は、駒場リベラルアーツ基金奨励金をいただき、東京大学が国際研修プログラムとして提供するトリノ大学イタリア語研修へ参加させていただきました。

この研修に応募したきっかけは、第二外国語としてイタリア語を履修したことでした。イタリア語を学ぶ中で、イタリアの風土やイタリアにかかわる方々の人柄に惹かれ、イタリアという国を肌で感じたいという思いが募りました。

今回の研修で二週間滞在したトリノは、イタリア北部のフランスに近いピエモンテ州の都市です。近世にはイタリア統一運動の主翼を担ったサヴォイア家の王宮が置かれたという歴史を反映し、町を象徴するMole(塔)に代表されるように、過去を偲ばせる壮麗な建物が立ち並びます。私は滞在中その優雅で洗練された街並みに終始目を奪われていました。また、大学の前を流れるドーラ・リパリア川や遥か望むアルプスから自然を感じることもでき、歴史と魅力とが幾重にも折り重なるこのトリノで二週間を過ごし、自身の見聞を広めることができ、改めて非常に幸せであったと感じています。

image1.jpeg
地域共同体見学で訪れたSERMIGにて。
image2.jpeg
街の中心にある Piazza Castello 広場。写真を撮った当日は国際女性デーで、
大規模な抗議集会が催されていたのが印象的でした。

トリノ大学のキャンパスにて午前中に行われたイタリア語の授業では、会話や作文などコミュニケーションを重視したアクティビティにグループで取り組みました。イタリアやトリノの文化を題材に、終始あたたかく見守ってくださるトリノ大学の学生さん、そして先生も交え楽しくわいわいとコミュニケーションをとることができ、その中で、事前に学び脳内に蓄積された知識と現実とが次第に結びつく感覚を得ました。しかしそのわくわくする感覚とともに、実際に自分の伝えたいことを上手く表現することができずもどかしい思いを何度もしました。このような経験を踏まえたからこそ、今後更にイタリア語でものごとや気持ちを表現する能力を高めていきたいと思っています。

午後はトリノ大学の先生によるイタリア文学のレクチャーを受けるほか、校外に出て博物館や地域共同体の見学に行きました。博物館の展示の構成ひとつをとっても違いに驚き戸惑うように、自分の育った環境とは全く異なる文化の土壌が存在することを知りました。イタリアでの新鮮な気づき・発見の数々は、私の心に大きな風穴を通しました。そして、その穴からは今も絶えず新しい風が吹いています。

image3.jpg

イタリアの学生さんと訪れたエジプト博物館にて。想像力を掻き立てられる展示品の数々はもちろんのこと、日本と異なる博物館の構成に惹かれました。


今回この奨励金をいただいて研修に参加する前は、自分がこれからしていきたいことに自信が持てずにいました。しかし、この研修で出会ったトリノ大学の学生は、敬意と情熱を持って日本語を学んでいて、その姿にはっと目が覚めるような心地がしました。私は今後、イタリア語の学習を継続し、ギリシャ・ローマ神話を中心に西欧の神話や伝承を学びたいと考えています。また、小さい子供だけでなく老若男女の心を動かす絵本や児童書の持つ力に関心を持っています。それは、これら物語の生命が古代から形を変え受け継がれ、今もなお私たちがしたたかにそして豊かに生きる力を与えてくれると考えるからです。

リベラルアーツ基金奨励金でご支援いただいたからこそ、このように沢山の出会いを与えてくれた研修に参加することができました。この場を借りて、改めて、この研修に関わってくださった全ての方にお礼を申し上げますとともに、一人でも多くの学生が、経済的理由から学びを止めざるを得ないことがないように、これからもご支援のほどよろしくお願いいたします。

image5.jpeg
週末に訪れたアオスタ州で見学したCastello di Fenis。
城内の壁画や調度品の装飾に歴史の重みを感じました。

学生の国際研修体験記が届きました国際研修
「アルマティにおける国際研修」

2024年04月10日(水)

PJ画像3
カザフ国立大学本部棟に置かれているキャンパス模型。キャンパスツアー中の模様。

 2023年度、駒場リベラルアーツ基金の支援により、国際研修「平和のために東大生ができること:中央アジア研修 」の履修生として、カザフスタン最大の都市アルマティに10日間滞在し、カザフ国立大学を研修受け入れ先とする一連のプログラムに参加した学生より、体験記が届きました。

 海外渡航型授業(国際研修)は、前期課程の学生が、異なる言語・文化の環境に触れ、国際交流の現場を体験し、グローバルな視野を養うことを目標とする授業です。授業は、必ずしも高度に専門的なものではありません。幅広い教養を身につけることが期待される教養学部前期課程の文系・理系の学生がともに興味・関心を持って学ぶことができ、教養学部ならではの「総合的な知」の構築を目指す授業内容となっています。

<体験記:アルマティにおける国際研修>
教養学部文科三類二年 重田渉
- 国際研修「平和のために東大生ができること:中央アジア研修」参加
- 渡航先:カザフスタン共和国アルマティ市
- 研修受け入れ機関:アル=ファラビ名称カザフ国立大学
- 渡航期間:2024年3月1日-3月10日


前期教養学部において開講される国際研修「平和のために東大生ができること:中央アジア研修 」の履修生として、カザフスタン最大の都市アルマティに10日間滞在し、カザフ国立大学を研修受け入れ先とする一連のプログラムに参加しました。

 国際研修に先立ち、半年間カザフスタンの社会・歴史・文化・政治的状況について講義を受け、現在のカザフスタンの国際社会における立ち位置とその背景を総合的に学習しました。渡航後は現地の教員や学生、及び国際機関や企業からレクチャーを受け、また、カザフ国立大学東洋学部・国際関係学部の学生たちとの様々な交流プログラムを享受しました。寮を共有していた学生たちとは、日常生活を通じて密接に交流することができました。

 私が学習を通して感じたのは、我々が国際関係として捉える出来事には、諸分野の出来事が複雑に絡み合っているということです。例えば、現在カザフスタンは核軍縮・核廃絶の分野において世界でも指導的な立場を保持していますが、これはカザフスタンがソ連の中において従属的な立場にあったこと、その結果、環境破壊による健康被害を招く世界最大規模の核実験場をその土地の中に設置させられたこと、そしてソ連末期にカザフスタンがネーションを築く際に国際的な平和・反核の連帯が国家の建設において中核的な役割を果たしたこと、こうした広範な出来事の連関のうちに成立した立場です。そこで私が痛感したのは、生身の人間と交流し理解することの重要性です。人はこうした文脈の複雑性を意識的にも無意識的にも背負っており、何を知っているかあるいは知らないか、何を語りたがり あるいは語りたがらないか、といった行動のうちにその手がかりがあります。

 この視点を得たのは、このプログラムの構成のおかげです。総合的な視野を持つ授業は、広範囲な領域を探求する機会を提供しました。授業が前期教養学部で開講されていることは、多様な関心を持つ学生がそれぞれの視点から思考を提供し、それを共有することを可能にします。さらに、研修受け入れ先大学の学生と長い時間を過ごすことで、日常のシーンで現地の人々の感覚に接する機会を導きます。

 この研修で経験し、考えたことは、個々の出来事や思考以上に深く、私の考え方の基盤を形成する重要な要素となりました。このような私にとって重要な意味を持つ貴重な機会を得たことは、奨学金受給に関わってくださったすべての皆さんに負うています。心からの感謝をその方々に伝えたいと思います。

カザフスタン_写真2.jpg
研修中に宿泊したカザフ国立大学第14学生寮にて。他の履修生とともに。
 

カザフスタン_写真3.jpg
アルマティ市内にて。移動中に。
 

カザフスタン_写真4.jpg
エクスカーションで訪れたチャリン・キャニオン。
ミニ・グランドキャニオンの異名がある。



 

学生の海外渡航体験記が届きました

2024年03月26日(火)

2023年度、駒場リベラルアーツ基金の支援により、KOMSTEP(学部学生・大学院生の部局間交流プログラム)で、イギリスのエセックス大学に留学した学生より、体験記が届きました。

<体験記>

江野本 諭吉さん
江野本諭吉さん(エセックス大学)写真3.JPG

教養学部教養学科総合社会科学分科相関社会科学コース4年(留学当時)

- 留学先大学名(専攻)
エセックス大学(社会学)

- 留学期間
2023年9~12月

2023年度の秋学期に、部局間協定に基づきイギリスのエセックス大学に交換留学を行った。学部生としての、比較的短期の派遣ということで、必ずしも学術面に限られない多様な経験を得ることを目的としていたが、今回の機会でそれは十分に達成されたと感じる。

まず何よりも、「留学」そのものに対する心残りが払拭された。コロナ禍で入学し、3年次に予定していた留学が一度中止になった自分にとって、卒業前に希望を叶えることは、大学生活に後悔を残さないために重要だった。「困難を乗り越えて留学した」という事実自体が、次のステップに踏み出す勇気を与えてくれる。
あわせて、日本で学ぶ自身の環境を相対化する視点を得ることができた点も、留学の成果として挙げられるだろう。異国での寮生活は、慣れ親しんだ東京での暮らしとはまるで異なるものであったし、留学生比率が4割という国際色豊かなキャンパスに、日本人留学生というマイノリティの立場から関わったことは、翻って東京大学で過ごしてきた日常の見え方を変えてくれた。小都市郊外のキャンパス内に、ほとんどの構成員が生活を共にするというエセックス大学の在り方自体も、東京大学とは異なる方法で学びの豊かさを形作っており、そのようなコミュニティに触れられたことは大きな収穫である。

江野本諭吉さん(エセックス大学)写真1.JPG
江野本諭吉さん(エセックス大学)写真2.JPG


学業面では、所属の縛りがない交換留学生の立場を活かして、これまで中心的に勉強してきたトピック以外も含む多彩な授業を履修したが、この経験は、自分の学びが日本社会の状況に良くも悪くも規定されていることを、改めて認識させてくれるものだった。今後の学業に際しては、あることを学ぶ前提となっている背景や、自身の立場性により目を配るようにしたい。なお、そのような気づきを可能にしてくれたのは、多様なバックグラウンドを持った生徒が集まる教室での議論である。そこで出会った人たちが示してくれた様々な学びの動機は、例えば社会人経験を経た後の大学院進学といった選択肢を、将来に向けて真剣に検討する助けになるものだった。

総じて、1学期間の留学で期待していた成果を十分に得ることができたと考える。このような貴重な機会を得られたのも、駒場リベラルアーツ基金の存在があってこそだった。これまでの温かいご支援に感謝申し上げるとともに、より多くの後輩たちがこのような機会に恵まれ、学びの場としての東京大学の魅力が一層高まることを願っている。

駒場リベラルアーツ基金」寄付者銘板の除幕式を行いました

2024年03月21日(木)

「駒場リベラルアーツ基金」は、駒場ファカルティハウス(旧同窓会館)に寄付者銘板を設置しました。
同基金は、駒場Ⅰキャンパス(大学院総合文化研究科・教養学部)における教育・研究活動の活性化を目的として2022年に設置され、これまで保護者、OB・OG、教職員のみならず、広く社会全体の皆さまから、1,700万円を超えるご支援をお寄せいただいています。

この度、寄付者の皆様へ感謝の気持ちと敬意を表するため、一括50万円以上のご支援をくださった方の銘板を掲示することといたしました。改めまして、皆様の温かいご支援に心より感謝申し上げます。
現在、教養学部1号館(時計台)改修と図書館Ⅱ期棟建設に向けた「駒場未来プロジェクト」が進行しており、引き続き皆様からのご支援をお願いしております。

皆様の温かいご支援が、学生たちの前期課程での学習環境をより良いものとし、充実した教養学部生活の実現に繋がります。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

thumbnail_IMG_2662.jpg
↑除幕式の様子
(左から)清水晶子副研究科長、増田建副研究科長、真船文隆研究科長、
月脚達彦副研究科長、大久保伸一事務部長

2023年活動報告
-駒場から世界へ飛び出す&駒場の魅力再発見-

2024年01月25日(木)

PJ画像6

2023年度は、皆さまより、125件、総額13,871,866円のご寄付を頂戴しました。温かいご支援をお寄せくださり、心より感謝申し上げます。今年度の「駒場リベラルアーツ基金」は、学生支援と駒場Ⅰキャンパスの魅力発信をメインに活動しました。

学生支援は、「駒場リベラルアーツ基金」が掲げる駒場を進化させる3つの支援のうち、最も重要視しているものです。今年度は、コロナ禍が明けて海外渡航の機会が復活したことを受け、世界に通用する実践的な知性と想像力を育むことを目的として、学生の渡航支援を行いました。具体的には、KOMSTEP(学部学生・大学院生の部局間交流プログラム)参加者5名、2023年度Aセメスター海外渡航型授業参加者4名の渡航支援を実施しました。学生交流覚書を結んでいる海外の協定校に交換留学生を派遣するKOMSTEPに参加する学生のうち、学部後期課程学生4名と修士課程学生1名がそれぞれ駒場リベラルアーツ基金の支援を受け、フランス(パリ・シテ大学)、イギリス(エセックス大学)、シンガポール(シンガポール国立大学)、スペイン(セビリア大学)、台湾(国立政治大学)へと旅立ちました。海外渡航型授業(国際研修)は、前期課程の学生が、異なる言語・文化の環境に触れ、国際交流の現場を体験し、グローバルな視野を養うことを目標とする授業です。授業は、必ずしも高度に専門的なものではありません。幅広い教養を身につけることが期待される教養学部前期課程の文系・理系の学生がともに興味・関心を持って学ぶことのでき、教養学部ならではの「総合的な知」の構築を目指す授業内容となっています。今年度は、フランス(TLPフランス語春季研修)、ドイツ(ケルン大学TLPドイツ語春季研修)、イタリア(トリノ大学イタリア語研修)、カザフスタン(平和のために東大生ができること)に参加する学生のうち、4名を駒場リベラルアーツ基金で支援しました。学生からの報告は、帰国後、随時活動報告に掲載します。
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部には、世界各国から、学際性・国際性豊かで多彩な人材が集まります。そうした環境において、リベラルアーツに存分に触れ、自らの無限の可能性を認識し、前期課程の早い段階から海外への関心を深め、視野を広げたいと考える学生が多く存在します。こうした研究者や学生が駒場の魅力をつくりあげていると言っても過言ではありません。

IMG-8613-駒場リベラルアーツ基金.jpg
IMG-8624-駒場リベラルアーツ基金.jpg
IMG-8689-駒場リベラルアーツ基金.jpg
IMG-8695-駒場リベラルアーツ基金.jpg

今年度は、より多くの皆様からのご支援に繋げるため、駒場Ⅰキャンパスの魅力を発信し、社会に駒場の教養知(リベラルアーツ)を還元していくことにも注力しました。保存2023年12月6日には、特別セミナー・教養学部の活動「駒場の歴史・資料・研究」を開催し、「教養学部の歴史とこれから」や、「駒場Ⅰキャンパスの歴史と変遷」、「駒場とゲーテ、そして世界を繋ぐもの:〈銀杏〉並木から〈測量・地図〉を経由して鷗外ゆかりのドイツ語雑誌まで」「図書館という場の可能性」というテーマで講師の教員がお話し、多くの参加者に駒場の魅力を再発見していただきました。
駒場リベラルアーツ基金ーセミナー①.jpg
 
その他、今年度は教養学部公式マスコットキャラクター「コマバのユータス」を用いた駒場グッズの開発やLINEスタンプの販売等、卒業生や社会人、在学生、保護者、一般の方々など幅広い方々に駒場Ⅰキャンパスの魅力を伝える様々な施策を開始しました。
ユータス.png


いよいよ教養学部のシンボルである1号館(時計台)の改修が始まります。駒場Iキャンパスの正門を入って正面にある 1号館は、本郷キャンパスにある安田講堂の建築設計を行った建築家・内田祥三により、1933年(昭和 8年)に建設されたゴシック様式の建物です。時計台がある建物はキャンパスを象徴する景観となっています。また、平成12年には国の登録有形文化財に登録されました。東京大学では、この1号館について、創建時の趣きを復元し、現代のニーズを満たす機能改善と向上を目的とした改修を行います。来年度も皆様の温かいご支援をお願いいたします。

 

特別セミナー:教養学部の活動「駒場の歴史・資料・研究」を開催しました

2023年12月15日(金)

PJ画像7

 2023年12月6日(水)にみなさまへ感謝の気持ちを込め、特別セミナー・教養学部の活動「駒場の歴史・資料・研究」を開催しました。

大学院総合文化研究科長・教養学部長の真船文隆教授による「教養学部の歴史とこれから」の紹介に続き、駒場博物館の折茂克哉助教が「駒場Ⅰキャンパスの歴史と変遷」を説明しました。次に、ドイツ文学・近代科学史が専門の石原あえか教授が、「駒場とゲーテ、そして世界を繋ぐもの:〈銀杏〉並木から〈測量・地図〉を経由して鷗外ゆかりのドイツ語雑誌まで」というテーマで講演を行い、駒場Ⅰキャンパスの文理融合かつ学際性豊かな研究について、参加者に紹介しました。最後に、駒場図書館長である石田淳教授が「図書館という場の可能性」というテーマでお話し、現在進行中の駒場図書館Ⅱ期棟建設プロジェクトに触れ、図書館から駒場の明るい未来を感じさせる講演に多くの参加者が駒場Ⅰキャンパスの将来像を共有しました。

石田先生.jpg

 参加者の皆様からは、これまで知らなかった駒場の魅力を再発見することができた、卒業以来初めて駒場Ⅰキャンパスを訪れ大変懐かしくこれからも駒場を応援したくなった、3名の講師の先生方のお話が興味深く開眼した等、たくさんの嬉しいお言葉を頂戴しました。

 なお、今年は駒場リベラルアーツ基金の趣旨にご賛同くださった皆様より、既にたくさんのご寄付を賜り、誠にありがとうございます。大学院総合文化研究科・教養学部では、これからも寄付者の皆様、そして広く社会に駒場Ⅰキャンパスの教養知(リベラルアーツ)を還元すべく、さまざまな機会を捉えて、セミナーや講演会、キャンパスツアーを実施していきます。
これからも皆様の温かいご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 ※~12/31までの期間限定キャンペーンはこちら

学生の海外渡航を支援しています

2023年11月16日(木)

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部には、世界各国から、学際性・国際性豊かで多彩な人材が集まります。そうした環境において、リベラルアーツに存分に触れ、自らの無限の可能性を認識し、前期課程の早い段階から海外への関心を深め、視野を広げたいと考える学生が多く存在します。駒場リベラルアーツ基金は、こうした未来を築く卓越した学生の海外渡航を支援しています。

<2023年度実績>
KOMSTEP(学部学生・大学院生の部局間交流プログラム)支援 合計5名
1)台湾:国立政治大学(修士課程学生1名)
2)フランス:パリ・シテ大学(学部後期課程学生1名)
3)イギリス:エセックス大学(学部後期課程学生1名)
4)シンガポール:シンガポール国立大学(学部後期課程学生1名)
5)スペイン:セビリア大学(学部後期課程学生1名)

上記のほか、2023年度Aセメスター海外渡航型授業への渡航支援(合計4名)も決定しました。
学生たちの渡航報告については、今後掲載を予定しております。
これからも皆様の温かいご支援をお待ちしております。

1号館-裏-秋.jpg
テニスコート-秋.jpg
秋の駒場キャンパスの様子

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
望月 裕志 2024年04月17日 30,000円 近所在住でお世話になります。
新入生の駒場博物館の来館者へ鉛筆の一本でもお祝いの気もちです。
******** 2024年03月18日 100,000円 東京大学の輝かしい伝統と卓越した教育は世界中で称賛されています。未来のリーダーを育成し、社会への貢献を促進する素晴らしい場所です。頑張れ、東京大学!
<駒場リベラルアーツ基金>
西山 圭 2024年03月17日 100,000円 学習環境、研究環境の向上に些少ながら貢献できれば幸いです
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2024年01月27日 1,000円 心ばかりですが、今になりリベラルアーツの大事さを実感しているので。
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2023年12月29日 10,000円 12月の特別セミナーは素晴らしかったです。駒場の歴史を学ぶとともに、先生方の研究への想いがとても素敵でした。
<駒場リベラルアーツ基金>
花房 基弘 2023年12月28日 100,000円 寄付は駒場の教育環境整備にご活用ください。自分は駒場で学んだリベラルアーツが社会に出てからも大変有益でした。サラリーマンを辞め自ら会社を経営し、地域社会の一員として活動する中で自らの根っことなった駒場での学びを後輩諸君にも続けていただきたく願います。
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2023年12月16日 500,000円 時勢に流されることなく、ひとつの文化としての「駒場的リベラルアーツ」が自律的に発展することを期待します。
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2023年12月15日 100,000円 現代におけるリベラルアーツを再定義し、日本と世界に向けて発信・展開されるよう、期待しています。
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2023年12月15日 1,000円 12月は寄付月間
<駒場リベラルアーツ基金>
松田 幸子 2023年12月15日 100,000円 駒場キャンパスにも新しい文化また伝統的文化が繁栄されますことをお祈りしております。
<駒場リベラルアーツ基金>
八十川 紀夫 2023年09月29日 300,000円 人工知能時代には一般常識が決め手。
選り好みしない幅広い知識(実体験は強烈な知識)DATAベース
を自分の頭脳に構築・関連付けが必須でしょう。
偽情報を見破りAIからのおかしな回答に気づくにも、
何を調べるか誰に相談するかを判断するにも
頼りは自分の頭脳DATAベース以外にありますか?
<駒場リベラルアーツ基金>
花房 基弘 2022年12月27日 100,000円 駒場で学部と修士の6年間お世話になりました。幅広い学際分野を学べる素晴らしい環境を今後も高めていってください。
<駒場リベラルアーツ基金>
八十川 紀夫 2022年11月06日 500,000円 時代の風潮に流された「選択と集中」に一矢報いるため。
アメリカのエリートビジネスパースン達は出勤前に案内人を雇って
博物館や美術館などの早朝ツアーをしている。
斬新なアイディアやバランスの取れた判断力の源泉はリベラルアーツにあり。
農業など第一線で手を汚す体験も必須。
<駒場リベラルアーツ基金>
長谷川 誠 2022年11月05日 1,000円 これからも駒場が領域にとらわれない自由な学問の場であるよう、応援しています。
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2022年11月02日 1,000円 駒場で3年間学ばせていただきました
多様なバックグラウンドを持つ友人と出会え、リベラルアーツを基盤とした駒場で学び、研究ができたことはこの先もずっと活きてくる経験だったと思います
今後も駒場の先生方、学生が良い教育、研究環境を享受できますよう、祈っております
<駒場リベラルアーツ基金>
******** 2022年09月16日 1,000円 溢れる自然が魅力の駒場キャンパスは、世界各国・日本各地から優秀な学生が集まる多様性と学際性豊かな環境だと思います。文理問わず、また年齢を問わず、様々な人々が自由に学び、研究に没頭できる貴重な場として、今後もますますの発展を応援しています。
<駒場リベラルアーツ基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学大学院
総合文化研究科長・教養学部長
真船 文隆

今年度寄付総額
2,866,000円
今年度寄付件数
35件
現在の継続寄付会員人数
4人
累計寄付総額
28,613,866円

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の謝意・記念品

「東京大学基金」の謝意・記念品が適用されます。

このプロジェクトの謝意・記念品

ご寄付いただいた皆さま

各種シンポジウムや公開講座、成果報告会および懇談会へご案内いたします。

一括50万円以上のご寄付

PJ画像1
銘板の掲載イメージ

お名前を銘板に刻印し、駒場ファカルティハウス(同窓会館)に掲示させていただきます。

■一括100万円以上のご寄付:プレート(大)
w190×h100 t1.5真鍮エッチング加工
100plate.png

■一括50万円以上のご寄付:プレート(小)
w190×h45 t1.5真鍮エッチング加工
50plate.png

※原則、お申込時のお名前で作成いたします。お申込時のお名前と異なる名義をご希望の場合や銘板作成をご希望されない場合は、寄付申込画面の「ご意見欄」欄にその旨をご記入ください。掲載名のご希望に添えないこともございますので、ご了承ください。

※銘板掲示は、1年に一回(3月頃)を予定しております。(前年12月末までのご寄付が対象)

関連プロジェクト

PJ画像

日本が誇る植物園を、世界へ

Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

―「捕雷役電」 受け継ぎ育み、飛躍する―

東大電気系教育発信交流支援基金 ー捕雷役電150ー

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

メダカ自然集団の保全事業支援基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

日本と世界の変革を駆動する未来の人材育成へご支援を

変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)支援基金

PJ画像

東京大学から世界へ 飛び立つ学生を応援する

Go Global 奨学基金(東京大学在学学生留学支援・海外派遣事業)

PJ画像

― 人間とは何か、ともに考えるために ―

社会と未来を開くオープンヒューマニティーズ基金

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

次世代につなぐ長期生物多様性観測

ネイチャーポジティブ基金
(東京大学先端科学技術研究センター生物多様性・生態系サービス分野)

PJ画像

国際舞台で活躍する優秀な人材を社会へ輩出

PEAK奨学金制度(東京大学総合文化研究科・教養学部基金)

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

~遊ぶように学ぶ プレイフル社会の実現に向けて~

プレイフル社会の理論構築と社会実装プロジェクト基金

PJ画像

分子科学で未来をつくる。

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

~生命現象の完全な理解に向けて~

東京大学定量生命科学研究所-カロリンスカ研究所国際活動支援基金

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

異才発掘プロジェクトROCKET基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

新社会を創造する化学人材育成基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

「スーパー酵母2024」プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

新図書館計画「アカデミック・コモンズ」

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

東大病院メディカルタウン基金(2022年12月31日終了)

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました

小型模擬人工衛星CanSatプロジェクトへの挑戦基金

詳細をみる

募集終了