Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)

日本が誇る植物園を、世界へ

PJ画像

プロジェクト設置責任者

Life in Greenプロジェクト第3期担当 東京大学大学院理学系研究科附属植物園 教授
川北 篤

今年度寄付総額
2,976,000円
今年度寄付件数
41件
現在の継続寄付会員人数
165人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

Life in Greenプロジェクトとは

life_in_green_1.jpg
こちら↑からフォトアルバムをご覧いただけます

 「Life in Green」プロジェクトとは「小石川植物園」と「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させるプロジェクトです。

 

植物園園長からのメッセージ

東京大学大学院理学系研究科附属植物園は、牧野富太郎らに代表される日本の植物学の礎を築いた植物学者が活躍した「日本の近代植物学発祥の地」であり、植物多様性研究の世界的拠点の一つです。小石川植物園の本館には、明治期から集められた、多くの基準標本を含む 80 万点を超える植物標本が収蔵されており、植物園の研究者だけでなく世界中の植物学者に日々利用されています。

 しかし、本館の老朽化により建物では雨漏りが進行しており、貴重な植物標本の収蔵環境が憂慮すべき状況にあります。また、収蔵庫がすでに満杯に達しており、標本の収集という本来の機能が果たせていません。本館では外壁の痛みも激しく、歴史的建造物である本館の保存も大きな課題です。

 2027年に150周年を迎える当植物園では、Life in Green Project第 3 期で植物標本の収蔵環境を改善するための施設整備を行い、さらに歴史的建造物である本館の修理を進めます。現在、本館は一般に公開されておりませんが、植物標本を新しい収蔵施設に移すことができれば、本館の一部を公開して講義室や休憩スペースとして活用できます。その実現のため、国等の予算獲得に全力を尽くしますが、皆様のご支援が確実に大きな力になります。

 生物多様性の危機、急激な気候変動、グリーントランスフォーメーション(GX)などが叫ばれる中、植物学が果たすべき役割はますます大きくなっています。海外の有力な植物園は、より強固な財政基盤のもと、絶滅危惧植物の保全や植物の教育普及の場としての高い機能を果たしながら、時代の変化に合った植物研究施設として発展し続けています。150 周年を機に、日本が誇る世界の小石川植物園、日光植物園へと大きく舵を切るために、皆様のご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

3期川北先生 - コピー.png

東京大学大学院理学系研究科附属植物園
園長・教授 川北 篤
 


PLANET SOCIAL」(ミュージックセキュリティーズ)より

Life in Green Project 第3期計画

期 間:2023年4月~2028年3月(小石川植物園150周年記念事業)
目標額:3億円

 

貴重な植物標本と老朽化が進む歴史的建造物の保存にご協力ください

01 Central building.jpg

 小石川植物園の本館は現在、一般には公開されていません。内部には研究室、実験室、事務室、図書室の他に、約80万点の植物標本の収蔵庫があります。これらの中には、種を命名した際の証拠となる基準標本や、すでに絶滅種となった植物などの貴重な標本が数多く含まれています。

 しかし、本館の老朽化、狭隘化により標本の管理に大きな問題が生じています。標本を新しい収蔵施設に移すとともに、本館をリニューアルして一部を一般に公開し、セミナー室や休憩スペースなどとして活用していきたいと考えています。
 

本館写真.jpg

小石川植物園本館は、1939 年(昭和 14 年)に完成しました。設計は、安田講堂を手がけ、東京帝国大学総長を務めた内田祥三によるもので、左右対称の独特なフォルムを持つ歴史的な建造物です。

02階段.png

本館のセンターに位置するらせん階段や、採光に適した大きな窓も本館設計の大きな特徴です。こういった建造物の魅力も一般公開することで触れていただけると考えています。

 

植物園と研究者たち
1897 年に初代植物園長となり、ソメイヨシノに学名をつけた松村任三や、在野の研究者でありながら植物学教室への出入りを許され、後に講師になった牧野富太郎など、植物園では日本の植物学の黎明期を作り上げた多くの植物学者が活躍しました。当時からの標本や貴重な歴史資料などの保存のためにも、ご寄付にご協力ください。

牧野・木扁.png

① 37年間を小石川植物園で過ごし、「日本植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎
② 画工・加藤竹斎の製作 による木材扁額


 

貴重な標本の収蔵環境の改善が必要です

小石川植物園の本館には植物標本を収蔵した標本庫があります。標本は湿度や温度を管理して保存する必要があり、庫内は空調設備によって守られています。しかし、建物の老朽化による壁の劣化や雨漏りなどにより、年々管理が難しくなっています。

04資料保存.jpg
収蔵されている標本は、1800 年代に採取されたものもあり、その保存には設備の整った施設が必要です。
05標本メモ.jpg
時代を越え、研究者たちのメモが添えられている標本。
06標本室.jpg
現在、80万点以上を納める標本庫。その拡充のためのスペースも大きな課題となっています。
 

Life in Green Project これまでの歩み

「Life in Green」プロジェクトとは「小石川植物園」と「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させるプロジェクトです。2010 年に第1期がスタート、引き続き 2018 年からは第 2 期計画を展開しました。

第1期< 2010 年~2018 年 6 月末>
小石川植物園の公開温室改築、日光植物園の越冬温室の改修を目的にスタート。約 5 億円の寄付をいただき、これを大きな力に 2019 年 5 月に現在の小石川植物園新温室が完成しました。また、日光植物園への 2 億円のご寄付により 2018 年 12 月に日光植物園フィールドステーションが完成した他、公用車の買い替えや園内の整備が実現しました。

07公開温室.jpg
小石川植物園 : 公開温室
08日光FS.jpg
日光植物園 : フィールドステーション


第2期< 2018 年 7 月~2023 年 3 月末>
植物多様性研究の推進、絶滅危惧植物の保全、そして社会に開かれた植物園を目指してスタートし、2億円の目標額を達成。キュレーターの採用による標本室の安定的な運営、企画展やニュースレターなどのアウトリーチ活動の充実、栽培環境の改善などを行い、Web サイトもリニューアルしました。また、日光植物園のシカ柵を改修し、山地植物を保護しています。

植物画教室2.png
植物画教室
植物観察会2.png
植物観察会

このプロジェクトに寄付をする

小石川植物園:満開のソメイヨシノの様子をお届け!

2024年04月10日(水)

PJ画像0

Life in Greenプロジェクトの特典として3月19日(火)~4月7日(日)の間、小石川植物園でお花見特別招待を開催しました。期間中は535名の方が来園され、中には北海道や関西など遠方からいらっしゃった方もおられました。 今年はサクラの開花が遅く気をもたされましたが、特別招待期間最後の週末にやっと満開のソメイヨシノを皆様にお届けすることができました。

3月25日(月)に開催した貸し切りイベントにも多くの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。 あいにくのお天気ではありましたが、 本館の収蔵資料の解説や温室での植物解説は大変ご好評いただきました。来年のお花見でも植物園ならではの企画を開催できればと思っております。今後とも皆様のご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
小石川のサクラ.jpg

小石川植物園でお花見イベントを開催

2024年03月29日(金)

2024年3月25日(月)に小石川植物園にて、Life in Greenプロジェクトの特典としてご寄付いただいた皆様をお招きして、貸し切りで行われるお花見イベントを開催しました。雨模様にもかかわらず1日としては昨年の開催日を上回る多くの方にお越しいただき、北海道や関西、中部など遠方からいらっしゃった方もおられました。

川北園長からは、これまでのご寄付のおかげで、小石川植物園の新温室や日光植物園フィールドステーションが完成したことなどへの感謝が述べられました。また昨年放送されたNHK連続ドラマ「らんまん」の効果で、小石川植物園に収蔵されている貴重な標本に多くの関心が集まりつつあること、この機会に標本の収蔵環境を改善するために、第3期でも引き続きご支援を賜りたい旨のお願いがありました。

川北園長による解説.jpg
本館前で挨拶する川北園長.JPG

 

今年は桜の開花が遅く、ソメイヨシノをはじめとした当園の桜の多くはご覧いただけませんでしたが、川北園長らによる園内ツアーが本館と温室で行われました。「らんまん」で注目された牧野富太郎ゆかりの「大日本植物志」や小石川植物園に在籍していた画工の手がけた植物画、昨年当園の温室で開花した、ショクダイオオコンニャクの実物大で制作された押し葉標本などをじっくりご覧いただき、あいにくのお天気ではありましたが、参加された皆様からは「楽しかった」とお声を多くいただきました。


ショクダイオオコンニャクの押し葉標本.jpg


小石川植物園のお花見特別招待は3月19日(火)~4月7日(日)の日程で開催中です。皆様のお越しをお待ちいたしております。
 

2023年活動報告
-牧野富太郎の功績と日本の近代植物学を築いた小石川植物園の歩みを発信しました-

2024年02月19日(月)

PJ画像2

 Life in Greenプロジェクトは、理学系研究科附属植物園を構成する小石川植物園と日光植物園を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させることを目的としています。プロジェクトの第1期(2010年1月〜2018年6月)では小石川植物園の公開温室の再建が実現し、第2期(2018年7月〜2023年3月)では温室完成後の小石川植物園と日光植物園の整備活用を推進しました。2023年4月からは第3期を立ち上げ、老朽化した小石川植物園本館の改修と、植物標本の収蔵環境の改善を目標に掲げています。
 

 第3期がスタートした2023年は、奇しくもNHKの朝ドラ「らんまん」で植物学者の牧野富太郎がモデルに取り上げられ、植物学に対する社会の関心が高まった年でした。牧野富太郎は明治から昭和にかけて全国各地で植物を採集し、約1,400もの植物を命名した日本の植物学史に輝く偉才です。牧野富太郎は東京大学に在籍した46年のうち、37年間を小石川植物園で過ごしました。同じ時代、植物学教室初代教授の矢田部良吉やその後継者の松村任三らが日本の植物学の基礎を築き上げたことから、小石川植物園は「日本近代植物学発祥の地」として知られています。小石川植物園の本館には、牧野富太郎が名付けた「ヤマトグサ」の基準標本や、同時代に活躍した植物学者らの標本を含む、約80万点の貴重な植物標本が収蔵されています。
 
image2.png


 小石川植物園では、2023年3月から12月にかけて「牧野富太郎と小石川植物園」と題した企画展を柴田記念館で開催し、牧野富太郎の功績や、小石川植物園が日本の植物学の発展において果たしてきた役割を紹介しました。日光植物園においても、Life in Greenプロジェクトで整備された展示室で2023年4月から「牧野富太郎と小石川植物園」展を同時開催しました。また、企画展に関連し、牧野富太郎が愛したサクラ類をテーマにした観察会や、牧野富太郎についての講演会、学術的な植物標本の作り方についての講座なども開催しました。採取した植物を、形を整えながら新聞紙に挟んで乾燥させる標本の作り方は、牧野富太郎の時代と少しも変わりません。講座の参加者の方々は、標本作りを通して、牧野富太郎が植物と向き合う時の気持ちを感じられたのではないかと思います。植物園本館の標本室も見学し、牧野富太郎の時代から脈々と続く東京大学の植物学研究の蓄積に触れていただくことができました。
 

image4.png

image5.png


 また、イギリスのキュー王立植物園の公式植物画家である山中麻須美氏を講師に迎え、植物学的に正確な図を描くための植物画教室を2022年に続けて開催しました。また、文京区の地域の店舗やクリエーターの方々が園内の植物をテーマに出展する「小石川植物祭」に協力しました。2023年12月7日の夜には温室のショクダイオオコンニャクが13年ぶりに開花したため、12月8日から3日間の特別公開を行いました。
 

image7.jpeg
 
 小石川植物園は国の名勝及び史跡に指定されており、文化財としての保存活用計画が2022年に東京大学により策定され、文化庁の認定を受けました。現在、この計画に基づき本館の改修や植物標本の収蔵環境改善のための準備を進めています。実現にはさまざまなハードルがありますが、「らんまん」の放映を機に広がった植物園への支援の輪を大きな力に、計画実行に向けて今後も力を尽くしてまいります。


 Life in Greenプロジェクトではこのほかにも、年2回のニュースレターを刊行して植物園の活動の普及につとめています。また、老朽化した機器等の更新、植物名ラベルの更新、園内ベンチの新設、園内トイレへのおむつ交換台設置等のために寄付金を使わせていただきました。
 

小石川植物園でのお花見の様子をお届けします!

2023年04月14日(金)

PJ画像3

2023年3月27日から4月9日に、小石川植物園にてお花見イベントを開催しました。開催期間中、合計116組246名の方にご来園いただき、中には関西や中部地方などの遠方からご参加くださった方もいらっしゃいました。

3月27日と4月3日の休園日には、ご招待した寄付者の方のみに植物園を開放し、ソメイヨシノをはじめとする多種多様の桜や、新温室や冷温室 のさまざまな植物を満喫していただきました。
川北園長からは、これまでのご寄付のおかげで、小石川植物園の新温室や日光植物園フィールドステーションが完成したこと、また、標本室のキューレーターの採用や各種企画展の開催、ホームページのリニューアル等が実現できたことついて、感謝の気持ちが述べられました。併せて、牧野富太郎をはじめとする先人たちが残した貴重な植物標本の収蔵環境を改善するために、第3期でも引き続きのご支援を賜りたい旨をお願いしました。

昨年もご好評いただきました川北園長らによる園内ツアーでは、植物を手に取りながら研究内容を交えて幅広い解説がされました。今年は新たに押し葉標本の解説も実施し、初めて見る植物標本をルーペで興味深そうに観察する方々の姿が印象的でした。参加者の皆様からはたくさんの質問や感想が寄せられ、植物の不思議や面白さを感じていただけたようでした。

温室ツアー.jpg
川北園長ら解説のもと行われた園内ツアーの様子
観察会.jpg
押し葉標本の解説にて、興味深そうにルーペをのぞく参加者の皆様

今後も小石川植物園、日光植物園が世界的な研究教育拠点としてますます発展するよう、努力してまいります。皆様の更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 

寄付者特別お花見へのご招待について
寄付者特別お花見へのご招待には、以下の条件がございます。

◆1年間(1月から12月末までの累計)にLife in Green Projectへ1万円以上10万円未満ご寄付くださった方
⇒翌年のお花見にご招待いたします。

◆期間に関わらずLife in Green Projectへ累計10万円以上のご寄付をくださった方
⇒今後長くお花見にご招待いたします。


毎年忘れずに寄付したいという方には、継続寄付(アニュアルギフト)がおすすめです。例えば、毎月1,000円の継続寄付にご登録いただくと年間寄付額が12,000円となり、毎年お花見のご招待をお送りします。継続寄付でお申込みの方にはポストカードプレゼントの特典もございますので、ぜひご検討ください!

2022年活動報告
-小石川植物祭など様々なイベントを開催しました-

2023年02月22日(水)

 Life in Greenプロジェクトは、理学系研究科附属植物園を構成する小石川植物園と日光植物園を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させることを目的としています。プロジェクトの第1期(2010年1月〜2018年6月)では小石川植物園の公開温室の再建が実現し、2018年7月からは5年計画で温室完成後の小石川植物園と日光植物園の整備活用を目的とした第2期計画を推進しています。

 2022年はLife in Green Projectの目的である社会に開かれた植物園の実現に向け、「植物の学び」をテーマにしたアウトリーチ活動に力を入れました。Life in Green Projectで雇用したスタッフの企画・運営により、4月から10月にかけて「花と昆虫-東京大学植物園の研究展」と題したミニ企画展を小石川植物園の柴田記念館で開催し、植物園の研究の「今」を発信しました。日光植物園にはこれまで展示スペースがありませんでしたが、2019年にフィールドステーション棟が完成するまで実験室として用いられてきたプレハブ棟を、展示室兼来園者のための休憩室として改装しました。これにより、園内の植物の解説や所蔵する植物画の展示が可能になり、「花と昆虫」展も小石川と同時開催しました。

画像1-2.png
(左)「花と昆虫-東京大学植物園の研究展(小石川植物園)
(右)展示室兼来園者のための休憩室(日光植物園)

 また、花と昆虫の関係を実際に園内を歩きながら解説する観察会や、学術的な植物標本の作り方の講座を開催しました。標本は採取した植物を形を整えながら新聞紙に挟み、乾燥機で乾燥させて作成します。その後、台紙への貼付けや標本室の見学を行い、東京大学植物園で明治期から脈々と続く植物分類学研究の一端を学んでいただきました。また、イギリスのキュー王立植物園の公式植物画家である山中麻須美氏を講師に迎え、科学的な植物画の描き方の教室を開催しました。山中先生の筆から生き生きとした植物が描かれるたび、受講者からは歓声があがっていました。これらの活動が、植物園で行われている研究・教育への理解を深めるとともに、植物学の未来を担う方々が生まれるきっかけとなること願っています。

画像3-4.png
(左)植物標本の作り方の講座  / (右)観察会

画像5-6.png
植物画の描き方教室

 2022年の植物園のもっとも大きな出来事は、10月21〜23日にかけて小石川植物園で行われた「小石川植物祭」です。文京区を拠点とする建築事務所KASA のみなさんと植物園の共催によるイベントで、地域の店舗やクリエーターの方々が植物園の植物を素材とした作品や食べもの、植物園を題材にしたワークショップなどを出展してくださいました。植物園も園内の生の葉っぱを使ったオリジナル「葉っぱかるた」を出展し、その後の園内解説ツアーも盛況でした。これまで地域との結びつきがあまりなかった植物園ですが、植物祭の開催目的である「植物の学び」、「地域の協働」、「街や人のつながり」が実現し、多くの反響をいただく大成功のイベントとなりました。

画像7-8.png
小石川植物祭を開催。左の写真は葉っぱかるたの様子

 このほかにも、これまで小石川植物園後援会が発行していたニュースレターを植物園が引き継ぎ、刷新したニュースレターを刊行して植物園の活動の普及につとめています。また、絶滅危惧植物の育成技術開発のためのインキュベーター等の購入、老朽化した草刈機等の更新、植物名ラベルの更新、園内ベンチの新設等のために寄付金を使わせていただきました。

■ご寄付の使途
いただいたご寄付は以下の目的のために、活用いたしました。
温かいご支援を賜り、ありがとうございました。
・植物標本室の管理・運営
・日光植物園展示・休憩室整備費
・機器購入・更新費   等
 

小石川植物園で「学びのイベント」をおこないました

2022年05月26日(木)

PJ画像5
 理学系研究科附属植物園では、Life in Greenプロジェクトの一環として「社会に開かれた植物園」という目的のため、継続的なイベントの実施をはじめました。昨年の11月23日(火・祝)には「秋の植物採集会」として、教員が引率しながら園内で植物採集をし、集めた果実の観察とレクチャーをおこないました。今年に入ってからは、4月23日(土)に「春の植物観察会」として、教員と園内を歩きながら植物と昆虫の関係についてのレクチャーをおこないました。参加者の方からは解説を聞くたびに続々と驚きの声があがり、探求心をくすぐるような楽しい学びの場となりました。
observation_spring_1.JPG
observation_spring_2.JPG


 3月5日(土)、4月2日(土)、5月14日(土)には、イギリスのキュー王立植物園公式植物画家の山中 麻須美先生をお迎えし、学術的な「植物画教室」を全3回でおこないました。小石川植物園元園長の邑田 仁先生の植物学の講義もあり、研究のための本場の植物画について学べるまたとない機会となりました。参加者の方は多くの課題を熱心にこなし、真剣に植物画に取り組んでいました。また、4月3日(日)には、東京大学植物園第1回市民セミナーとして山中先生に講演会をしていただき、ZOOM配信も大変好評をいただきました。

 これらの活動を通し、 小石川植物園で行っている取り組みの理解を深めてもらう機会を提供することができました。どのイベントも「また参加したい」というお声をいただいており、今後も継続して様々なイベントをおこなっていきます。

botanical_class1.JPG
botanical_lecture_1.JPG
botanical_class4.JPG
 

 


 

 

小石川植物園「お花見特別招待2022」を実施しました

2022年04月15日(金)

PJ画像6

 理学系研究科附属植物園では、Life in Greenプロジェクトにご寄附いただいた皆様方に感謝を込めて、小石川植物園の桜が見頃となる3月22日(火)〜4月3日(日)の期間にご家族やご友人の方々とご入園いただける「お花見特別招待2022」を実施いたしました。3月22日(火)と28日(月)の閉園日は、寄附者の皆様のみがご入園いただける特別開放日とし、植物園の研究者が園内の植物や史跡をご案内しました。

 3月22日(火)の特別開放日は、朝からの雨が昼過ぎに雪に変わる寒い1日でしたが、悪天候にもかかわらず13名の方々にご来園いただきました。邑田 仁 名誉教授の案内で、普段はお入りいただくことができない本館の中をご案内し、歴史資料や植物標本室の標本をご覧いただきながら、江戸期の御薬園時代から続く植物園の歴史や明治期以降の植物学の発展への貢献についてご説明しました。公開温室では、2019年の新温室竣工以来初めて開花したヒスイカズラや、植物園が取り組んでいる植物と昆虫の共生の展示、小笠原諸島の絶滅危惧植物コレクションなどをご覧いただきました。

温室解説.jpg


 3月28日(月)は園内のソメイヨシノが満開となり、暖かく晴れた絶好のお花見日和となりました。遠くは北九州からお越しいただいた方や、お子様連れのご家族など、208名の皆様にご来園いただき、園内の多種多様な桜をお楽しみいただきました。当日は、川北 篤 園長、邑田 仁 名誉教授、舘野 正樹 准教授の3名が案内役をつとめ、ソメイヨシノ林、公開温室、分類標本園、薬園保存園などを歩きながら、植物園の歴史や、園内のさまざまな植物について、生態、分類、生理などの視点から解説しました。今年、期間限定で公開した山地植物栽培場では、カタクリやキクザキイチゲなどの希少な花もご覧いただくことができました。

 寄附者の皆様をご招待するお花見イベントはコロナ禍により昨年、一昨年と中止しましたので、今年が3年ぶりの開催です。期間中には合わせて332名の方々にご来園いただき、皆様のご支援により建てられた公開温室をはじめ、小石川植物園の現在の姿をご覧いただけたことを嬉しく思います。今後も小石川植物園、日光植物園が世界的な研究教育拠点としてますます発展するよう、努力してまいります。皆様の更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

2021年活動報告
-研究員の雇用や園内の環境整備をおこないました!-

2022年02月28日(月)

PJ画像7

 Life in Greenプロジェクトは、理学系研究科附属植物園を構成する小石川植物園と日光植物園を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させることを目的としています。プロジェクトの第1期(2010年1月〜2018年6月)では小石川植物園の公開温室の再建が実現し、2018年7月1日からは5年計画で温室完成後の小石川植物園と日光植物園の整備活用を目的とした第2期計画を推進しています。
 小石川植物園の新温室では、植物園の研究成果を踏まえた独自の展示を充実させています。2021年には、奄美大島などに生育するオオシマコバンノキと、この植物の花粉を運ぶ唯一の昆虫であるオオシマコバンノキハナホソガの共生を「生きた」状態で展示することに成功しました。オオシマコバンノキハナホソガは、幼虫がオオシマコバンノキの種子を食べますが、成虫が花に産卵する際に、幼虫が食べる種子が確実にできるように自ら花粉を運ぶという変わった行動をもちます。温室にオオシマコバンノキハナホソガの導入を試みたところ、無事定着し、このガの活動により一年を通してオオシマコバンノキの赤い果実がたわわに実るようになりました。

LiG1.jpg


 また、プロジェクト第2期では、2019年4月から特任研究員1名を継続的に雇用しており、これにより小石川植物園のハーバリウム(植物標本室)の円滑な管理・運営が実現しています。小石川植物園本館の2階には国内外から収集された約80万点の植物標本が収蔵されており、世界中の研究者に日々利用されていますが、ハーバリウムの管理・運営にあたる専属のキュレーターがいないことが長年の懸案でした。2021年には収蔵室の換気等の環境改善を行なったほか、植物標本の高解像度画像が取得可能な撮影装置を整備し、植物標本のデジタルアーカイブ化を進めています。東京大学が持つ東アジア屈指の植物標本群が適切に保存され、研究のために有効に利用されるための整備が進みつつあることはプロジェクトの大きな成果の一つです。
 

LiG2.png

 
 また、同研究員の企画・制作により、前年に引き続き柴田記念館でミニ企画展を開催しました。2021年は、「小石川植物園の野鳥」(2021年1月5日〜2021年3月31日)および「ツナミプランツ〜倉科光子展〜」(2021年10月5日〜2021年12月26日)を開催し、多くの来園者の方々の好評をいただきました。現在日光植物園にも展示室を整備しており、2022年春からは日光植物園でもミニ企画展をスタートする予定です。さらに、2021年1月からは新たに植物園のTwitterおよびInstagramアカウントを開設し、園内の植物や植物園に関する情報を積極的に発信しています。これらのアウトリーチ活動をさらに充実させるため、2021年11月から広報担当の特任専門職員を新たに1名雇用し、各種イベントの企画やニュースレターの制作などを現在進めています。
 

LiG3.png

 2021年はさらに、小石川植物園でご要望の多かったベンチの整備を行いました。これまで休むところがなかったエリアに新たにベンチを設置したり、古くなったベンチを更新したりして、多くの来園者の皆様にお使いいただいています。また、公開温室のトイレのおむつ替え台や、柴田記念館の入り口の手すりなどを設置し、より快適にご利用いただける植物園を目指して整備を進めています。

LiG4.jpg

 この他にも、野外調査等に使用する公用車の更新費の一部や、植物名ラベルの掘削機の更新のために寄附金を使わせていただき、研究教育環境の改善や園内の環境整備を進めました。
 その他、売価の約1/3を寄附に繰り入れる条件で、支援グッズ「東京大学植物園のど飴」を大学生協より継続販売しています。

寄付をする

活動報告をYouTubeにて公開しています

2021年11月12日(金)

東京大学基金活動報告会2021 第2部オンライン交流会グループAの冒頭にて行いました、プロジェクト活動報告の動画です。


Life in Green プロジェクトの活動報告は4:12からです。
 
開催日:2021年9月29日
録音・録画はお控えください。
交流部分は非公開としています。

2020年活動報告
-栽培環境の充実やミニ企画展を行いました-

2021年01月22日(金)

PJ画像9

 ライフィングリーンプロジェクト(Life in Green Project)は理学系研究科附属植物園を構成する小石川植物園と日光植物園を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させることを目的としています。プロジェクトの第1期(2010年1月〜2018年6月)では小石川植物園の公開温室再建費用を賄い、2018年7月1日からは5年計画で温室完成後の小石川植物園と日光植物園の整備活用を目的とした第2期計画を推進しています。

冷温室のキクバクワガタ - コピー.jpg
冷温室のキクバクワガタ

 第1期に整備され、2019年11月に一般公開が始まった小石川植物園の公開温室(大温室)では、展示植物が順調に成長し、ナポレオンノキやサクララン属の各種など多くの植物で開花が見られました。大温室に隣接する冷温室では、冷房による植物の生育への影響が心配されましたが、タカネマツムシソウなどの高山植物やキクバクワガタなどの希少種が1年目から順調に開花しました。大温室の非公開エリアは、葉の形の適応的意義に関する研究のための実験植物の栽培や、小笠原諸島の絶滅危惧植物の苗の増殖のためのスペースとして活用しています。また、特徴的な生態をもつ植物などに関する解説版を充実させています。
 公開温室のバックヤードである研究温室では、研究材料として収集された各種植物や、小笠原諸島の絶滅危惧植物のコレクションなどが栽培されていますが、近年老朽化が著しく見られていました。しかし、2020年には本プロジェクトの寄付金により給水配管の補修を行い、栽培環境が大きく改善されました。

ミニ企画展 - コピー.jpg
ミニ企画展の様子

 第2期では植物園の一般公開活動として、柴田記念館でミニ企画展を開催しています。2020年は、「小石川植物園いま・むかし」(2019年11月19日〜2020年1月31日)および「小石川植物園時代の東京帝国大学理学部植物学教室」(2020年8月4日〜2020年12月27日)を開催しました。8月からの理学部植物学教室に関する展示では、明治〜昭和初期の植物学教室の様子を今に伝える貴重な写真や資料を多く集めました。当初は10月31日までの予定でしたが、多くの来園者の方々の好評をいただき、年末まで開催を延長しました。また2021年1月からミニ企画展「小石川植物園の野鳥」を開始し、その展示制作を行いました。
 園内環境の整備では、ベンチの更新を進め、老朽化した一部のベンチを撤去しました。2021年春頃には、寄付者の皆様の銘板を取り付けた新しいベンチを導入予定です。また、公開温室には、第2期にご寄付いただいた方々100名分の銘板を設置しました。

 いただいたご支援は、教育研究活動推進のための特任研究員の雇用経費、栽培環境の充実のための施設の補修や用具類等の費用、園内植物や施設等に関する展示(ミニ企画展を含む)および案内整備のための費用、ベンチ撤去費用などに用いらせていただきました。

川北篤教授からの御礼メッセージをYouTubeにて公開しています。

2020年10月22日(木)


YouTubeページはこちら

2019年活動報告
-新温室竣工・企画展の実施をしました。-

2020年03月30日(月)

PJ画像11

活動報告

ライフィングリーンプロジェクト(Life in Green Project)は理学系研究科附属植物園を構成する小石川植物園と日光植物園を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させることを目的としています。プロジェクトの第1期(2010年1月〜2018年6月)では、小石川植物園の公開温室再建費用を賄い、2018年7月1日からは5年計画で温室完成後の小石川植物園と日光植物園の整備活用を目的とした第2期計画を推進しています。

2019年4月1日に理学系研究科主催「小石川植物園お花見特別開放」を園内で実施し、理学系研究科が設置するプロジェクトの寄付者の方々、および学部・研究科の卒業生の方々に園内案内を行い、ライフィングリーンプロジェクトへの寄付の呼びかけを行いました。

2019年5月に新温室が竣工し、公開に向けた展示植物の植え替え、運び込み、ラベル作成、解説版作成などを行いました。また、第1期で通算10万円以上の寄付者の芳名を公開温室内の銘板に掲載しました。さらに、第1期および第2期の全ての寄付者の方々に新温室公開予定の案内と特別入園券を送付しました。
 

温室完成披露式典でのテープカット


2019年11月18日に学内関係者、および学外の来賓の方々を招いて小石川植物園新温室完成記念式典を行い、特別内覧会を行いました。従来の温室に比べて床面積が4倍になり、天井も高く、バリアフリーの観覧と作業環境の改善のため広い通路が確保されています。また、寒冷地の植物を展示する冷温室が新たに設けられました。2019年11月19日からは、温室の一般公開が始まっています。

2019年11月19日の温室一般公開に合わせ、第2期の活動として、「小石川植物園いま・むかし」と題したミニ企画展を柴田記念館で開始しました(2020年1月31日まで)。また、第2期の10万円以上の寄付者の芳名を柴田記念館内の銘板に掲載しました。 また、売価の約1/3を寄付に繰り入れる条件で、支援グッズ「東京大学植物園のど飴」を大学生協より継続販売しています。
 

ミニ企画展


寄付金の使途

主な使途としては、教育研究活動推進のための特任研究員の雇用経費、栽培環境の充実のための用具類等にかかる費用、園内植物や施設等に関する展示(ミニ企画展を含む)および案内整備のための費用、銘板作成費、郵送費などに活用させていただきました。

新温室は多くの来園者の方々に好評をいただいているため、展示植物の解説の充実や研究成果の発信、ミニ企画展の継続実施などを通して、寄付者、来園者へのサービスを向上させていきたく思っています。

引き続きあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。


 

小石川植物園新温室完成記念式典報告

2019年12月02日(月)

PJ画像12

2019年11月18日(月)に、理学系研究科附属植物園(通称・小石川植物園)の新温室の完成に伴い、その披露式典を開催しました。当日の早朝はあいにくの雨模様でしたが、式典本番までにはきれいに空が晴れ渡り、秋晴れのもと開催できたことは大変幸いでした。式典では本学より武田 洋幸理学系研究科長、五神 真総長、藤井 輝夫理事が挨拶を述べ、続いて本園前園長の邑田 仁名誉教授が、工事の経緯を説明いたしました。学外からは文化庁の伊藤 史恵文化資源活用課長、東京都教育庁の太田 誠一地域教育支援部長、そして成澤 廣修文京区長からそれぞれ祝辞をいただきました。この式典に引き続き、学内関係者、また新温室完成に向けてこれまでご寄付を続けてこられた約200名の方々を対象にした、新温室の特別内覧会を行ないました。以前の温室に比べ床面積が4倍になり、天井の高さも格段に高くなったため、ゆったりと植物園の誇るコレクションを見ていただけたものと思います。特に本園の川北 篤教授の発案による「植物と昆虫との絶対共生の展示計画」の解説には、内覧会の間中、多くの方々が引きつけられておりました。

web_fig1b.jpg
記念式典でのテープカット

web_fig2.jpg
温室を見学する五神 真東京大学総長(中央)。左は熱帯性植物を解説する川北 篤教授。
 

小石川植物園の温室は、さらなる展示・解説のサービスを拡充する予定です。また、園内の柴田記念館では「小石川の温室 いま・むかし」のミニ企画展を開催しています。皆様もどうぞお越しください。

植物園の研究・展示等の充実のためのLife in Greenプロジェクトのほか、理学系研究科・理学部支援基金や臨海実験所、知の物理学研究センター、地球惑星科学専攻がそれぞれ寄付プロジェクトを進めています。このような機会にそれぞれの寄付活動の意義や目的が、より広く理解されることを期待しています。

■ ご寄付のお願い
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/communication/general.html

(文責:生物科学専攻 教授/理学系研究科附属植物園 園長 塚谷裕一)

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

小石川植物園新温室公開およびミニ企画展のお知らせ

2019年10月10日(木)

PJ画像13

公開準備を進めておりました小石川植物園の新温室を、2019年11月19日(火)より一般公開する運びとなりました。植物園開園日の10:00から15:00まで開室します。新しくなった植物園の姿をぜひご覧いただけましたら幸いです。

また、温室の公開に合わせ、小石川植物園の温室の歴史を振り返るミニ企画展を企画しました。明治時代に始まる温室の歴史を、貴重な資料をもとに振り返ります。ぜひ、新温室と合わせてご覧ください。
exhibition2019_low.jpg

温室の公開準備状況(2019年8月30日)

2019年08月30日(金)

PJ画像14

完成した温室に、植物を運び込む作業が始まっています。これまで小さな鉢で枝を落としながら管理していたものを、鉢を植え替え、大きく育つようにして並べています。初期に運び込んだものは早速新しい葉を出し、花つきも良いようです。
DSC_8703.JPG
温室はテーマごとに6つの部屋に分けられており、ここはソテツ類などが並ぶ乾燥室です。
DSC_8706.JPG
バリアフリーの観覧と作業環境の改善のため広い通路を確保しており、入園者用の新しいトイレも併設されました。
DSC_8718.JPG
温室植物の解説展示も今後充実させていく予定です。公開日が決まりましたら、このホームページでもご案内します。

植物園近況

2017年04月05日(水)

PJ画像15

新年度を迎え、4月1日(月)には小石川植物園お花見特別解放が、4月22日(月)には日光植物園フィールドステーション棟竣工式が行われました。理学系研究科のホームページで当日の様子が報告されています。

小石川植物園お花見特別解放

日光植物園フィールドステーション棟竣工式

公開温室もいよいよ完成が近づいてきました。大温室の工事はほぼ終わり、現在はバックヤード等の工事が行われています。

5月11日の温室の様子です。温室手前には、旧温室のレンガ基礎やボイラー室の遺構が展示されています。

植物園近況(2019年5月11日)-1.jpg

温室内部の様子です。これから、展示棚や展示植物が導入され、公開へ向けた準備が始まります。

大温室に併設される冷温室です。屋外では栽培が難しい冷温帯の植物を展示する予定です。

植物園近況(2019年5月11日)-3.jpg

公開温室の工事進捗状況

2019年03月05日(火)

PJ画像16

3月5日の様子です。ガラスの取り付けが着々と進み、温室の姿が見えてきました。

小石川植物園「お花見特別開放2018」

2018年04月05日(木)

PJ画像17

 ご参加いただいた皆様より毎年ご好評をいただいております、東京大学基金「小石川植物園 お花見特別開放」は今年で9回目を迎え、植物園の休園日を特別開放して、4月2日に開催いたしました。春の明るい日差しが燦々と降り注ぎ、桜吹雪の舞う中、大分県、宮城県、北海道といった遠方からお越しの方を含め、900名近くの功労貢献会員、貢献会員、賛助会員の皆様、そのご家族やご友人にご参加いただきました。

 ご来訪の皆様には、ソメイヨシノや昭和桜など、30種類にも及ぶ桜の花を始め、植物園内の多種多様な植物を十分にお楽しみいただきました。

2018お花見2.jpg

 イベントは、藤井 輝夫 社会連携本部長、武田 洋幸 理学系研究科長、塚谷 裕一 小石川植物園長からの挨拶で始まり、その後は毎年好評を博しております植物園所属の教員らによる庭園案内をいたしました。

32018お花見.jpg
藤井 輝夫 大学執行役・副学長、社会連携本部長

2018お花見4.jpg
武田 洋幸 理学系研究科長

2018お花見5.jpg
塚谷 裕一 小石川植物園長

 庭園案内では、節木されたニュートンのリンゴの木、分株されたメンデルの葡萄、精子発見の銀杏など園内の名所をはじめ、分類標本園などをご案内し、小石川植物園の歴史や植物の生態についてご説明させていただきました。
また、日本庭園の一隅にある総合研究博物館小石川分館も開館し、広い園内をたっぷり楽しんでいただきました。
 

2018お花見2-1.jpg
邑田前園長

2018お花見2-2.jpg
舘野准教授

2018お花見2-3.jpg
東馬助教

2018お花見2-4.jpg
池田准教授

 冒頭の藤井社会連携本部長の挨拶では、多くのご支援への感謝とともに、歴史と伝統のある小石川植物園において、最先端の教育研究が行われる意義を説明いたしました。また、これまでの渉外本部は、この4月に設置された社会連携本部の「渉外部門」として新たに配置されたことを説明いたしました。武田理学系研究科長、塚谷園長からは、老朽化が著しい温室の再建について、今年度の着工が決定したこと、邑田前園長からは、温室完成後にはLife in Greenプロジェクトが第2期を迎えることをご説明し、ご支援のお願いをいたしました。

 現在までの約9年間で約5億円ものご寄付をいただくことができ、「お花見特別開放」のご案内に同封しました寄付のお願いに対しても、大変多くの方からご支援をいただきました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。温室改修に向けて一日も早くよいご報告ができるよう準備を進めておりますので、いましばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
 小石川植物園が世界的な研究教育拠点としての植物園としてますます発展するよう、維持していきたいと考えております。皆様の更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

2018お花見3-1.jpg

 また、「東京大学 植物園のど飴」を園内で特別販売し、たくさんの方にお土産としてご購入いただきました。植物園のど飴は、大学構内で実った「銀杏」「かりん」「ゆず」などを原料としています。ただいま東京大学生協一部の店舗と植物園の売店にて好評発売中です。収益の一部はLife in Green プロジェクトの資金に充てられます。ぜひ植物園のど飴をご購入いただき、ご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 植物園のど飴の詳細はこちらをご覧ください。

※肩書きはすべて特別セミナー当時のものです。

小石川植物園「お花見特別開放2017」

2017年04月05日 (水)

PJ画像18

 東京大学基金の春の恒例行事となりました「小石川植物園 お花見特別開放」。今年で8回目を迎え、植物園の休園日を特別開放して、4月3日に開催いたしました。気持ちの良い晴天の下、暖かな日差しを受けて桜が次々と花開いていくなか、高知県、福岡県、北海道といった遠方からお越しの方を含め、1000名近くの功労貢献会員、貢献会員、賛助会員の皆様、そのご家族やご友人にご参加いただきました。

 ご来訪の皆様には、ちょうど見頃を迎えたソメイヨシノや太白桜など、30種類にも及ぶ桜の花を始め、植物園内の多種多様な植物を十分にお楽しみいただきました。

img_5876.jpg

 イベントは、武田洋幸理学系研究科長、塚谷裕一小石川植物園長からの挨拶で始まり、その後は毎年好評を博しております植物園所属の教員らによる庭園案内をいたしました。

武田洋幸理学系研究科長
武田洋幸理学系研究科長

encho_img_5846.jpg
塚谷裕一小石川植物園長

 庭園案内は、Life in Greenプロジェクト実行委員長の邑田教授、日光植物園の舘野准教授、総合研究博物館植物部門の池田准教授、小石川植物園の東馬助教が担当いたしました。節木されたニュートンのリンゴの木、分株されたメンデルの葡萄、精子発見の銀杏など園内の名所をはじめ、分類標本園などをご案内し、小石川植物園の歴史や植物の生態についてご説明させていただきました。
 また、日本庭園の一隅にある総合研究博物館小石川分館も開館いたしまして、広い園内をたっぷりと時間をかけて楽しんでいただきました。

murata_img_5892.jpg
邑田教授

tateno_img_6101.jpg
舘野准教授

ikeda_img_5946.jpg
池田准教授

toma_img_5924.jpg
東馬助教

 冒頭の武田研究科長の挨拶では、歴史と伝統のある小石川植物園において、最先端の教育研究が行われる意義を説明いたしました。塚谷園長からは、老朽化が著しい温室の再建について、2016年度に着工し、2018年度に新温室が竣工の見通しであることの説明とご支援のお願いをいたしました。
 現在までの約8年間で4億8000万円を超えるご寄付をいただくことができ、「お花見特別開放」のご案内に同封しました寄付のお願いに対しても、大変多くの方からご支援をいただきました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。塚谷園長、Life in Greenプロジェクト実行委員長の邑田教授のもと、温室改修に向けて一日も早くよいご報告ができるよう準備を進めておりますので、いましばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
 小石川植物園が世界的な研究教育拠点としての植物園としてますます発展するよう、維持していきたいと考えております。皆様の更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

tree1_img_5989.jpg

  また、「東京大学 植物園のど飴」を園内で特別販売し、たくさんの方にお土産としてご購入いただきました。植物園のど飴は、大学構内で実った「銀杏」「かりん」「ゆず」などを原料としています。ただいま東京大学生協一部の店舗と植物園の売店にて好評発売中です。収益の一部はLife in Green プロジェクトの資金に充てられます。ぜひ植物園のど飴をご購入いただき、ご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 植物園のど飴の詳細はこちらをご覧ください。
 

tree2_img_5997.jpg
 
※肩書きはすべて特別セミナー当時のものです。

小石川植物園「お花見特別開放2016」

2016年04月07日 (木)

PJ画像19

 東京大学基金の春の恒例行事となりました「小石川植物園 お花見特別開放」は、今年で7回目を迎え、植物園の休園日を特別開放して、4月4日に開催いたしました。朝方からの雨も昼過ぎには上がり、時折暖かい日差しも降り注ぐなか、島根県、高知県、沖縄県といった遠方からのご参加者を含め、600名を超える功労貢献会員、貢献会員、賛助会員の皆様、そのご家族やご友人にご参加いただきました。

 ご来訪の皆様には、ちょうど満開を迎えたソメイヨシノや太白桜など、30種類にも及ぶ桜の花を始め、植物園内の多種多様な植物を十分にお楽しみいただくことができました。

011_2.jpg

 イベントは、福田裕穂理学系研究科長、邑田仁小石川植物園長からの挨拶ではじまり、その後は毎年好評を博しております植物園所属の教員らによる庭園案内をいたしました。
庭園案内は、小石川植物園の邑田教授、東馬助教、日光植物園の舘野准教授、総合研究博物館植物部門の池田准教授が担当させていただきました。節木されたニュートンのリンゴの木、分株されたメンデルの葡萄、精子発見の銀杏など園内の名所をはじめ、分類標本園などをご案内し、小石川植物園の歴史や植物の生態についてご説明させていただきました。
 また、日本庭園の一隅にある総合研究博物館小石川分館も開館いたしまして、広い園内をたっぷりと時間をかけて楽しんでいただきました。 イベントは、福田裕穂理学系研究科長、邑田仁小石川植物園長からの挨拶ではじまり、その後は毎年好評を博しております植物園所属の教員らによる庭園案内をいたしました。
庭園案内は、小石川植物園の邑田教授、東馬助教、日光植物園の舘野准教授、総合研究博物館植物部門の池田准教授が担当させていただきました。節木されたニュートンのリンゴの木、分株されたメンデルの葡萄、精子発見の銀杏など園内の名所をはじめ、分類標本園などをご案内し、小石川植物園の歴史や植物の生態についてご説明させていただきました。
 また、日本庭園の一隅にある総合研究博物館小石川分館も開館いたしまして、広い園内をたっぷりと時間をかけて楽しんでいただきました。

f301.jpg

m027.jpg

m404.jpg

m106_2.jpg

 冒頭の福田研究科長の挨拶では、歴史と伝統のある小石川植物園において、最先端の教育研究が行われる意義を説明いたしました。邑田教授からは、老朽化が著しい温室の再建について、2016年度に着工、2017年度に新温室が竣工の見通しであることの説明とご支援のお願いをいたしました。現在までの約7年間で4億円以上のご寄付をいただくことができ、「お花見特別開放」のご案内に同封しました寄付のお願いに対しても、大変多くの方からご支援をいただきました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げますとともに、温室改修向けて一日も早くよいご報告ができるよう準備を進めておりますので、いましばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。小石川植物園が世界的な研究教育拠点としての植物園としてますます発展するよう、維持していきたいと考えております。皆様の更なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

t112.jpg

t013_2.jpg

 また、「東京大学 植物園のど飴」を園内で特別販売し、たくさんの方にお土産としてご購入いただきました。植物園のど飴は、大学構内で実った「銀杏」「かりん」「ゆず」などを原料としています。ただいま東京大学生協一部の店舗と植物園の売店にて好評発売中です。収益の一部はLife in Green プロジェクトの資金に充てられます。ぜひ植物園のど飴をご購入いただき、ご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
詳しくはこちら

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2024年04月11日 100,000円 植物の生命力や美しさを感じられる学びの場として発展し続けていくことを願っています。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2024年04月10日 10,000円 素敵な場所がこれからも守られていきますように、願っております。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
前田 洋明 2024年04月07日 10,000円 自然を保全できるようによろしくお願い致します。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2024年04月03日 10,000円 貴重な緑の空間を提供頂き当地小石川に住む一人としていつも感謝しております。これからもずっと応援します。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
畑 寛和 2024年03月08日 10,000円 大学内の多様な作業がある中で不足気味の資金を集めるのが一番大変だと聞いています。当方は年金生活者ですが節約して適切な時にささやかな金額ですが寄付をさせて頂きます。皆様も健康第一で研究に頑張ってください。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
上村 正一 2024年02月10日 10,000円 名前 上村 正一
金額 毎年1万円
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
稲継 理恵 2024年01月22日 50,000円 施設の維持拡充に少しでもお役に立てれば幸いです。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2024年01月09日 1,000円 12月は寄付月間でした
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
阿久津 友紀子 2023年12月28日 100,000円 小石川植物園、いつも散歩に訪れ、四季折々の木々や草花に癒されております。園の維持管理、発展のためお役立ていただければ幸いです。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月27日 5,000円 12月は寄付月間
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
瀬戸 美香子 2023年12月26日 5,000円 少しでも設備が整い、教育・研究のお役に立てばと思います。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月26日 7,000円 12月は寄付月間
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月25日 5,000円 植物研究の場としても市民に開かれた場としてもさらに発展することを願います。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
大方 弓子 2023年12月22日 10,000円 標本管理上の問題が改善されることを祈り、ささやかですが応援いたします
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月19日 1,000円 草が好きだから。研究が捗りますように。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月15日 1,000円 12月は寄付月間
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
******** 2023年12月13日 100,000円 先人が遺して下さった二度と手に入らない貴重な資料を後の世の人々に末永く引き継ぐことができますように微力ながら応援させて頂きます。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
久保 良夫 2023年12月11日 50,000円 永遠に残すべき都心の貴重な緑の一つです。
皆で守りましょう。
<Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)>
12345678次へ »

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

Life in Greenプロジェクト第3期担当
東京大学大学院理学系研究科附属植物園 教授
川北 篤

今年度寄付総額
2,976,000円
今年度寄付件数
41件
現在の継続寄付会員人数
165人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

小石川植物園のお花見へのご招待(1万円以上のご寄付)

休園日に特別開園し、園長らが園内の植物や史跡をご案内します。

◆1年間(1月から12月末までの累計)に1万円以上10万円未満のご寄付をいただい方
⇒翌年のお花見にご招待いたします。

◆期間に関わらず累計10万円以上のご寄付をいただいた方
⇒今後長くお花見にご招待いたします。
 
※ ご本人と同伴者 2 名様の計3名様まで無料で入園いただけます(人数超過分は当日入園券をお求めいただくことで入園いただけます)
※ ご招待状は3月上旬に発送いたします。
お花見.JPG

継続寄付(アニュアルギフト)の方

毎月、年 2 回、毎年から少額より寄付できます。ご寄付いただいた方には小石川植物園復刻ポストカード(非売品)を贈呈します。昭和初期に販売していたものを復刻したポストカード6枚組です(ケース入り)。

はがきセット.jpg

10万円以上のご寄付

第3期の期間中(2023年4月〜2028年3月を予定)に10万円以上のご寄付をいただいた方は、お名前を銘板に刻印し、小石川植物園の公開温室に掲示させていただきます。
※第1期、第2期の寄付額が10万円未満で銘板の対象とならなかった方は、第1期(2010 年〜)からの通算で10万円以上

glasshouse.jpg

100万円以上のご寄付

2023年4月から2028年3月までに100万円以上のご寄付をいただいた方は、お名前を刻印した銘板付きのベンチを植物園内に設置させていただきます(ベンチの仕様および設置場所はお任せください)。
※第2期の寄付額が100万円未満でベンチ設置の対象とならなかった方は、第2期(2018年7月〜)からの通算で100万円以上

DSC08255 寄附者ベンチ (1).JPG
(イメージ図)

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

----------お知らせ-----------
2023年4月にお配りしたパンフレット「Life in Green Project ご寄付のお願い」(第3期分)において、内容に誤りがありましたので、訂正いたします。
皆さまにご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください。
Life in Green Project第3期「ご寄付のお願い」パンフレットの訂正について
---------------------------------

関連プロジェクト

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

― 人間とは何か、ともに考えるために ―

社会と未来を開くオープンヒューマニティーズ基金

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

―「捕雷役電」 受け継ぎ育み、飛躍する―

東大電気系教育発信交流支援基金 ー捕雷役電150ー

PJ画像

日本と世界の変革を駆動する未来の人材育成へご支援を

変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)支援基金

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

分子の仕事人が世界を変える

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

新しい「生命の概念」をつくる

UT7(次世代生命概念創出研究グループ)基金

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

「スーパー酵母2024」プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

メダカ自然集団の保全事業支援基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

東日本大震災救援・復興支援プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました

小型模擬人工衛星CanSatプロジェクトへの挑戦基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

東大病院メディカルタウン基金(2022年12月31日終了)

詳細をみる

募集終了