誰もが幸せに暮らせるインクルーシブな社会の実現をめざして

東京大学は1877年の開学以来、自由な発想を起点として
学問の礎を築き、学術研究の最先端を切り拓き、
総合大学として各分野の研究で第一線を担ってきただけでなく、
国際的な卓越性も維持してきました。

寄付の必要性

寄付をする

プロジェクトを探す

PJ画像1

あらゆる学びの多様性を切り拓く挑戦

異才発掘プロジェクトROCKET基金

異才発掘プロジェクトROCKETとは“ROCKET”は、“Room Of Children with Kokorozashi and Extra-ordinary Talents”の頭文字をとったものです。志ある特異な才能を有する子ども達が集まる部屋です。...

PJ画像2

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

動物との触れ合いは人の心を豊かにし、人間ばかりでなく地球上のすべての生き物、そして環境をも思いやる気持ちを育みます。動物医療センターは伴侶動物の高度診療を通じて、人と動物の幸せなよりよい関係を構築し、人々の社会生活の平穏と健康を支援しています。

PJ画像3

宇宙からやってくる宇宙線やニュートリノ、重力波などを観測し、最も大きい宇宙と最も小さな素粒子の神秘に迫る、若手研究スタッフの育成

宇宙線研究所若手支援基金

 2015年ノーベル物理学賞の受賞につながった研究成果は、多くの研究者の情熱の賜物です。実験装置「スーパーカミオカンデ」は100 人に満たない研究者が、約1年間で完成させました。その裏では、情熱を持った若手研究者が大きく貢献しました。...

PJ画像4

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

東京大学本郷キャンパスに世界の知を結集し、生命科学、医学、言語学、数理科学、情報科学を独創的に融合させ、脳の神経発達という切り口から、「ヒトの知性」がどのように発達していくのかの理解を進めます。

PJ画像5

環境調和型リサイクルの実現

貴金属研究・若手育成支援基金

一般的に貴金属は、その美しさや希少性から工芸品や宝飾品に用いられると思われますが、一部の貴金属は、耐熱性、耐蝕性に優れ、特異な触媒特性を有することから、電子部品、自動車用排ガス触媒をはじめとする様々な分野で用いられています。...

PJ画像6

世界に羽ばたく「ソラびと」を育てよう

航空宇宙研究教育支援基金

1920年に東京帝国大学工科大学(現 東京大学工学部)に創設された航空学科(現 航空宇宙工学科)は、2020年に100周年を迎えます。航空宇宙工学を志す学生および若手研究者は国際性を身につけ、海外の研究者・技術者と積極的に交流する必要があります。...

PJ画像7

スパコンを超えた究極の次世代コンピューターが世界を救う

光量子コンピューター研究支援基金

量子コンピューターの理論を米国の物理学者リチャード・ファインマン博士が1980年頃に提唱したときは、実現までに100年かかると言われていましたが、最近にわかに社会実装されようと…

PJ画像8

インクルーシブな未来社会の協創

未来社会協創基金(FSI基金)

東京大学は1877年の創設以来、人材育成および学術研究の面で日本の近代化に貢献してまいりました。昨今では、大学の使命の根幹である教育と研究に加えて、益々複雑化する社会的課題の解決も重要な使命となってきました。…

See more

研究者インタビュー

PJ画像1

地球上の生き物全体の健康”ワンヘルス”を目指して、中山裕之教授

東京大学動物医療センター140周年記念基金

私がセンター長を兼務している東京大学附属動物医療センターでは、獣医学領域における最新の研究成果に基づき、一般の方々が飼育されている犬・猫を中心に、フェレット、ウサギ、ハリネズミ、爬虫類、両生類、鳥類といったエキゾチック動物などの“伴侶動物”、症例数は少ないのですが、牛、馬、豚などの“産業動物”の病気の診断と治療を行っています。基本的には、一般の動物病院から紹介を受けた動物について診療する、二次診療を行っています...

PJ画像2

世界にはばたけ、東大生!- 高橋 嘉夫 教授

地球惑星科学教育の充実と軟式庭球部の復活を目指して

地球の歴史の46億年を1年に置き換えると、元旦の0時が地球誕生の瞬間、そして人間誕生の瞬間は大みそかの16時という計算になります。想像もできないような長い年月をかけて進化してきた地球と生命の営みの端っこに、今の私たちが存在している…

PJ画像3

重力波検出を目指す- 梶田 隆章 教授

大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)プロジェクト

カミオカンデはきわめて成功した実験ですが、国から大きな支援を受けたプロジェクトではありませんでした。小柴先生を始めとする研究者の「これがやりたい!」という思いから、主要なメンバーによるお金集めからスタートしたものでした…

See more

寄付者の声

PJ画像1

第二十回 : 周 順圭 様

中国で生まれ育ち、日本で専門教育を受け、アメリカで成功をつかんだ周氏の夢は、中・日・米の優秀な若者たちの懸け橋になること。2016年と2018年の2度にわたり、東京大学は「大学の改革と発展のために役立ててほしい」と、周氏からご寄付をいただいた…

PJ画像2

第十九回 : 倉本 聰 様

倉本氏から東京大学基金は「東京大学北海道演習林の保護活動のために役立ててほしい」とご寄付をいただいた。さらに、演習林の中にある「カツラの谷」に設置する記念樹プレートに、題字を揮毫いただく予定である...

ADD YOUR NAME

オンラインでご寄付いただいたみなさまからのコメントをリアルタイムでご紹介しています。

お名前 日付 金額 コメント
******** 2020年02月25日 30,000円 好きな卒業生は、養老孟子名誉教授と明治の文豪、夏目漱石です。
******** 2020年02月24日 50,000円 復活を祈念しています
<漕艇部>
小島 一浩 2020年02月22日 300,000円 東京大学大学院の学術研究に資することを期待します。
<新図書館計画「アカデミック・コモンズ」>
中山 庸成 2020年02月16日 10,000円 奥秩父の奥深い自然は、他の地域にはない貴重な存在です。
山本 正孝 2020年02月15日 100,000円 娘が大変お世話になりました。初めての一人暮らし、オーストラリアへの留学など親としての心配はつきませんでしたが、本人の頑張りにより、いよいよ卒業です。大学へのお礼と発展を願い寄付させていただきます。
<新図書館計画「アカデミック・コモンズ」>
******** 2020年02月12日 30,000円 地球を救って下さい
<バレーボール部>
武藤(宮田) 輝美 2020年02月11日 10,000円 忘れかけていた大切な学びを一緒に考えるプロジェクトだと思います。すべての子ども達に受けてほしい。そして私も受けたいです。
<異才発掘プロジェクトROCKET基金>
田中 達規 2020年02月08日 2,500円 POLという会社で、研究者の可能性を最大化するというビジョンを掲げて活動をしています。より研究者のために、国民や社会がお金を投資できるような仕組みを作りたいと思っています。そのきっかけとして、まずは始めました。
小川 悠仁 2020年02月02日 5,000円 科学を前に推し進めようと前線で頑張る方々の役に少しでも立つことができればうれしいです。少額ですが。
<知の物理学研究センター支援基金>
野口 聡 2020年02月02日 30,000円 航空学科100周年を期して創設されたこの基金が今後の我が国航空宇宙産業の発展に貢献することを祈っています。
<航空宇宙研究教育支援基金>
******** 2020年02月02日 100,000円 インターネットで海外の技術情報が入手しやすい時代になりましたが、「百聞は一見に如かず」のとおり、海外にでむき、多くの研究者と交流することが大事と思っています。私自身、大学院生のときにAIAAで発表し、指導教官と一緒にNASAや大学を訪問したことが一生の思い出になっています。
<航空宇宙研究教育支援基金>
小林 周道 2020年02月01日 100,000円 酵母の可能性を広げる研究に期待しております。
<「スーパー酵母2020」プロジェクト>
******** 2020年01月31日 50,000円 ラクロス部で今年2月~3月、米国コロラド大に新3年生4人が遠征すると聞きました。少額ですが遠征費用の足しにしてください。 Go! Blue Bullets!!
<ラクロス部>
吉本 智子 2020年01月30日 5,000円 異才がのびのび育つ社会を作ってください。応援しています。
<異才発掘プロジェクトROCKET基金>
山田 大輔 2020年01月30日 300,000円 これからの日本には、ますます本学科の力が必要になっていくと思います。僅かではありますが、お役に立てれば幸いです。
<航空宇宙研究教育支援基金>
武田 展雄 2020年01月28日 100,000円 私は大学院の時にPhD取得のため米国に留学しましたが、その経験を生かすように心がけました。外国と渡り合える競争力のある人になっていただけることを期待します。
<航空宇宙研究教育支援基金>
仁木 礼子 2020年01月27日 100,000円 東京大学の動物医療センター様にはお世話になっております。今後も更なる発展をお祈り致します。
<東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)>
******** 2020年01月27日 5,000円 IRCNは人間とはなにか解明していく魅力的で学際的なプロジェクトですので長期的に応援していきたいです
<ニューロインテリジェンス国際研究機構( IRCN )基金>
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109次へ »

See more