安心して大学生活が続けられるように

修学支援事業基金

寄付をする

基金からのお知らせ information

プロジェクトを探す

PJ画像1

積極的ながん予防法の確立に向けて

がん予防プロジェクト

ナフトピジルのがん予防効果が実証されれば、生活習慣の改善によってがん細胞の発生確率を抑える従来の予防法ではなく、薬の服用によって積極的にがん細胞の増殖を抑える未来の予防法が実現するのです...

PJ画像2

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

レアアースは我が国の基幹産業であるハイテク産業やグリーンテクノロジー産業に必須の金属であり、我々の日常生活の様々な場面で活用されています。私たちの研究の結果、南鳥島EEZ内およびその周辺の海域(公海)には、世界最高品位のレアアース泥が豊富に分布していることがわかってきました。

PJ画像3

世界水準の教育・研究を支える 充実した資料と快適な環境を

東京大学附属図書館支援プロジェクト

東京大学附属図書館支援プロジェクトは、新しい時代の要請に応えて、図書館機能を高度化し広く学内外に活用していただくこと、貴重な学術資料を保存し次世代に継承していくことを目的としたプロジェクトです。

PJ画像4

新しい日常「ニューノーマル」の追求

新型コロナウイルス感染症緊急対策基金

本学の研究力を活かして、様々な分野で新型コロナウイルスに関連する研究・開発を進めています。これまでにも感染阻止の効果が期待できる国内既存薬剤を同定したことを発表いたしました。また医療の現場では、最新鋭の検査機器の導入をはじめ、医療体制の一層の充実を図っております...

PJ画像5

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

アーチェリー(洋弓)は、一般に大学から競技を始める学生が多く、また、練習方法の工夫や最適な弓具の選択など、各自の創意工夫が生きる場面が多いことから、東京大学の学生が大きな活躍をする可能性を秘めたスポーツです。実際に、東京大学運動会洋弓部は、国公立大学として関東屈指の強豪校であります。

PJ画像6

海洋動物を使って情報空白地帯をカバーする Internet of Animals (IoA)

バイオロギング支援基金

小型の計測器を動物に搭載し、海洋大型動物の行動や生理を調べる手法をバイオロギングといいます。 このバイオロギングによって、海洋生物の多くの謎が明らかになりつつあります。さらに動物たちに海洋上の情報をリアルタイムで収集してもらうことで、海を起点とする自然災害の被害を減らすことに役立てられるのではないか、と期待されています。

PJ画像7

日本の中の世界・世界の中の日本:多様な「今」から見えてくるもの

現代日本研究センター運営支援基金

日本の「今」に関する研究を「現代日本研究」としてとりまとめ、世界に発信していく拠点となるために現代日本研究センターが設立しました。東京大学の文理の領域を超えた最先端の研究成果をグローバルに情報発信し、東京大学として世界の諸課題に対する解決の道筋を示していく拠点となることを目指します。

PJ画像8

新しい化学を創造できる人材育成のために

新社会を創造する化学系人材育成基金

With/Postコロナ社会で求められる新しい講義形態やコンテンツによる教育を可能とする最先端講義室を整備し、加えて、若手研究者が自らの発想に基づく研究に取り組む研究スペースを設置することにより、学生や若手研究者を育成する力の強化をはかります。

PJ画像9

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

本学は2015年、「変革を駆動する大学」という理念を中心に据え、「東京大学ビジョン2020」を策定しました。このビジョンに掲げてきた「知の協創の世界拠点」と「知のプロフェッショナルの育成」を担うグローバルな公共財として、東京大学は人類社会に向けて主体的能動的に働きかけ、自立した経営体となって行動することが求められています。

See more

研究者インタビュー

PJ画像1

日本の中の世界・世界の中の日本:多様な「今」から見えてくるもの

現代日本研究センター運営支援基金

「東京大学現代日本研究センター」には、若手研究者の育成という大切な役割があります。国境や分野を越え、先生や先輩との出会いが生まれる場、将来、一緒に研究ができる仲間を見つけるための足がかりとなる場としても発展させていきたいです。このプラットフォームを活用する研究者が、それぞれの個性や能力をしっかりと生かしながら、人々が平和に暮らせるための研究テーマの種を見つけてくれるといいですね。それらの研究をしっかりとかたちにして、例えば積極的に学術雑誌に論文を掲載する、書籍として発行する――そんな成果がこのプラットフォームから生まれ、未来の社会に貢献してくれることを願っています。

PJ画像2

学びの多様性を切り拓く挑戦!

異才発掘プロジェクトROCKET基金

評価や失敗をいっさい気にせず、自分が決めた何かを一心不乱にやり続けられる力。私はそれってものすごい“才能”だと思うのです。では、そういった才能を持つ子供たちはどこにいるのかと考えたときに、引きこもっていたり、不登校になっていたり、いわゆる“敷かれたレール”から飛び降りた子供たちに思い至りました。そこにフォーカスしてみようと。そんな彼らに今の学校にはできない教育の場を提供したいと考え、スタートしたのが「異才発掘プロジェクトROCKET」です。

PJ画像3

地球上の生き物全体の健康”ワンヘルス”を目指して、中山裕之教授

東京大学動物医療センター140周年記念基金

私がセンター長を兼務している東京大学附属動物医療センターでは、獣医学領域における最新の研究成果に基づき、一般の方々が飼育されている犬・猫を中心に、フェレット、ウサギ、ハリネズミ、爬虫類、両生類、鳥類といったエキゾチック動物などの“伴侶動物”、症例数は少ないのですが、牛、馬、豚などの“産業動物”の病気の診断と治療を行っています。基本的には、一般の動物病院から紹介を受けた動物について診療する、二次診療を行っています...

See more

寄付者の声

PJ画像1

第二十一回 : 笠原 健治 様

東京大学3年時に事業を開始し起業家としての道を歩む笠原氏。2004年には「mixi」を公開した。東京大学は将来どうしていこうか迷っている学生たちに多様なチャンスを提供できる場であってほしい。私のような個人が寄付をすることで、チャンスに触れられる機会が増えればいいと思います…

PJ画像2

第二十回 : 周 順圭 様

中国で生まれ育ち、日本で専門教育を受け、アメリカで成功をつかんだ周氏の夢は、中・日・米の優秀な若者たちの懸け橋になること。2016年と2018年の2度にわたり、東京大学は「大学の改革と発展のために役立ててほしい」と、周氏からご寄付をいただいた…

ADD YOUR NAME

オンラインでご寄付いただいたみなさまからのコメントをリアルタイムでご紹介しています。

お名前 日付 金額 コメント
成田 義雄 2021年05月10日 150,000円 動物医療の発展にお役立ていただければ幸いです。
<東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)>
平嶋 正子 2021年05月09日 20,000円 東大競技ダンス部33期・跡見女子大OGの平嶋正子です。競技ダンス部の活動を応援しています。頑張って下さい!
<競技ダンス部>
平嶋 優一 2021年05月09日 20,000円 33期平嶋優一です。練習会も自由に出来ない中、OBOGとして部活の運営資金を一部支援する位しか出来ませんが、現役の皆さん、頑張って下さい。応援しています!!
<競技ダンス部>
井上 郁美 2021年05月09日 20,000円 コロナで思うように練習や試合ができないでしょうが、頑張ってください。
関谷 宏 2021年05月06日 500,000円 資源の少ない日本にとって資源回収・リサイクルは必須です。学生時代には日本のエネルギーの資源リサイクルに関わり、現在は紙(森林資源)のリサイクルに携わっています。豊富な人的資源を活かして、循環型社会に貢献してください!!
<貴金属研究・若手育成支援基金>
吉田 稔 2021年05月06日 20,000円 現役の活躍期待しています。
<バレーボール部>
大嶽 達 2021年05月05日 50,000円 伝統もあり 全日本戦7連覇など 東大運動部屈指の活躍をしている競技ダンス部も コロナ禍で 活動存続の危機の中 頑張ってほしい
<競技ダンス部>
吉田 恭子 2021年05月05日 10,000円 ただ純粋に知的好奇心から応援しています。
<カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)>
吉田 恭子 2021年05月05日 10,000円 純粋に知的好奇心から、そして社会を明るくする研究への期待も込めて応援しています。
<地球惑星科学の研究教育支援基金>
八十川 紀夫 2021年05月03日 500,000円 リアルなところがしっかりしていないと、バーチャルな世界は成り立たない。
シリコンバレーの研究者たちは競って子供たちを、スマホ・パソコン・タブレット禁止の学校に通わせている。
リアルな人間関係や探求心の育成にそれらが有害だということらしい。
<貴金属研究・若手育成支援基金>
竹田 芳江 2021年05月01日 100,000円 秩父演習林のサポーターだった主人はいつも楽しんで通っていました。こんなに勉強させて(遊ばさせて)もらって、こちらがお金を払いたいくらいだ、と言っていました。
森岡 正士 2021年05月01日 10,000円 自分自身は、色々な方々の支援を得て卒業することができました。修学で経済的な困難に直面している学生を少しでも応援できればと思っています。
<修学支援事業募金>
八十川 紀夫 2021年04月25日 300,000円 健康経営エキスパートアドバイザーとして新入社員達に栄養素の欠乏と身体的、精神的症状との関連性と食事内容の改善について話しました。
午後眠たいのはビタミンB類の不足であって精神力の問題では無いーなど。
私が思い知ったのは、小・中・高校で栄養と疾病の関係を全く教えていない現実でした。
<東大病院メディカルタウン基金>
増野 順一 2021年04月23日 30,000円 農学系、工学系、医学系の叡智が集まって次世代生命概念を創出するというのはとても魅力的なプロジェクトだと思います。支援させていただきます!
<UT7(次世代生命概念創出研究グループ)基金>
八十川 紀夫 2021年04月23日 300,000円 まずやらなくてはいけないのは
霞が関高級官僚の深夜残業撲滅ですね。
国会質問事項提出時間厳守。
時間を守らない政治家の氏名と質問内容の公表。
当日答弁免除。

疲労すると脳科学的に思考も目も視野が狭くなりミスも多発する。
きちんとした政策立案などできない。
後追いにならざるを得ない。
<公共政策大学院基金>
池原 冨貴夫 2021年04月22日 10,000円 東大の総合力に期待しています。
<新型コロナウイルス感染症緊急対策基金>
岩村 順雄 2021年04月21日 3,000円 海洋資源を生かす研究をこれからも進めてください
<南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く>
森 和博 2021年04月21日 10,000円 Yahooニュースに掲載された、山田先生のインタビュー記事を読ませていただいてプロジェクトの目的が良く理解できました。成果が得られること期待しています。
<がん予防プロジェクト>
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158次へ »

See more