変革を駆動する大学へ

大学の持つ価値ある無形資産を経営資源として認識し、正しく社会に伝え、正しい価値で「収益化」につなげる

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

寄付をする

プロジェクトを探す

PJ画像1

新しい日常「ニューノーマル」の追求

新型コロナウイルス感染症緊急対策基金

本学の研究力を活かして、様々な分野で新型コロナウイルスに関連する研究・開発を進めています。これまでにも感染阻止の効果が期待できる国内既存薬剤を同定したことを発表いたしました。また医療の現場では、最新鋭の検査機器の導入をはじめ、医療体制の一層の充実を図っております...

PJ画像2

インクルーシブな未来社会の協創

未来社会協創基金(FSI基金)

東京大学は1877年の創設以来、人材育成および学術研究の面で日本の近代化に貢献してまいりました。昨今では、大学の使命の根幹である教育と研究に加えて、益々複雑化する社会的課題の解決も重要な使命となってきました。…

PJ画像3

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

東京大学医学部附属病院と全国の協力医療機関では、スキルス胃癌、膵癌、大腸癌の克服を目指して、腹腔内化学療法の研究開発を行っています。現状では治すことが難しい患者さんにより良い治療を提供できるようにするため、皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。...

PJ画像4

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

動物との触れ合いは人の心を豊かにし、人間ばかりでなく地球上のすべての生き物、そして環境をも思いやる気持ちを育みます。動物医療センターは伴侶動物の高度診療を通じて、人と動物の幸せなよりよい関係を構築し、人々の社会生活の平穏と健康を支援しています。

PJ画像5

スパコンを超えた究極の次世代コンピューターが世界を救う

光量子コンピューター研究支援基金

量子コンピューターの理論を米国の物理学者リチャード・ファインマン博士が1980年頃に提唱したときは、実現までに100年かかると言われていましたが、最近にわかに社会実装されようと…

PJ画像6

― 障害を抱える人々が独自の視点を活かして活躍できる社会実現を目指して ―

障害のある学生や研究者の活躍応援基金

私自身、脳性麻痺による肢体障害がある車椅子の小児科医ですが、障害を抱える人々がもっと高等教育を受け、もっと社会で活躍できる環境を実現するために、「当事者研究」や「インクルーシブアカデミアプロジェクト」「共同創造」など様々な研究や活動をしています...

PJ画像7

絶滅危惧種であるメダカを次の世代に引き継いでいくために

メダカ自然集団の保全事業支援基金

1985年から野生のメダカを飼育して、系統維持事業を継続しており、数多くの学術研究に活用してきました。今般、研究科からの予算措置が困難となり、かけがえのないこれらのメダカの保全活動を継続するためには、基金を設置し、広くご支援を求めざるをえない状況になっています...

PJ画像8

積極的ながん予防法の確立に向けて

がん予防プロジェクト

ナフトピジルのがん予防効果が実証されれば、生活習慣の改善によってがん細胞の発生確率を抑える従来の予防法ではなく、薬の服用によって積極的にがん細胞の増殖を抑える未来の予防法が実現するのです...

PJ画像9

最新科学で透視する古墳・火山をアートする

ミュオグラフィ リベラルアーツ基金

ミュオグラフィは古墳や火山の中を透視して内部構造を画像化する技術です。「地球のレントゲン」であり、様々な応用が期待されています。この高度な技術を多くの人々に知っていただくには、先ずミュオグラフィ を絵画などのアートに置き換えて関心をもっていただこうと思いつきました...

See more

研究者インタビュー

PJ画像1

学びの多様性を切り拓く挑戦!

異才発掘プロジェクトROCKET基金

評価や失敗をいっさい気にせず、自分が決めた何かを一心不乱にやり続けられる力。私はそれってものすごい“才能”だと思うのです。では、そういった才能を持つ子供たちはどこにいるのかと考えたときに、引きこもっていたり、不登校になっていたり、いわゆる“敷かれたレール”から飛び降りた子供たちに思い至りました。そこにフォーカスしてみようと。そんな彼らに今の学校にはできない教育の場を提供したいと考え、スタートしたのが「異才発掘プロジェクトROCKET」です。

PJ画像2

地球上の生き物全体の健康”ワンヘルス”を目指して、中山裕之教授

東京大学動物医療センター140周年記念基金

私がセンター長を兼務している東京大学附属動物医療センターでは、獣医学領域における最新の研究成果に基づき、一般の方々が飼育されている犬・猫を中心に、フェレット、ウサギ、ハリネズミ、爬虫類、両生類、鳥類といったエキゾチック動物などの“伴侶動物”、症例数は少ないのですが、牛、馬、豚などの“産業動物”の病気の診断と治療を行っています。基本的には、一般の動物病院から紹介を受けた動物について診療する、二次診療を行っています...

PJ画像3

世界にはばたけ、東大生!- 高橋 嘉夫 教授

地球惑星科学教育の充実と軟式庭球部の復活を目指して

地球の歴史の46億年を1年に置き換えると、元旦の0時が地球誕生の瞬間、そして人間誕生の瞬間は大みそかの16時という計算になります。想像もできないような長い年月をかけて進化してきた地球と生命の営みの端っこに、今の私たちが存在している…

See more

寄付者の声

PJ画像1

第二十回 : 周 順圭 様

中国で生まれ育ち、日本で専門教育を受け、アメリカで成功をつかんだ周氏の夢は、中・日・米の優秀な若者たちの懸け橋になること。2016年と2018年の2度にわたり、東京大学は「大学の改革と発展のために役立ててほしい」と、周氏からご寄付をいただいた…

PJ画像2

第十九回 : 倉本 聰 様

倉本氏から東京大学基金は「東京大学北海道演習林の保護活動のために役立ててほしい」とご寄付をいただいた。さらに、演習林の中にある「カツラの谷」に設置する記念樹プレートに、題字を揮毫いただく予定である...

ADD YOUR NAME

オンラインでご寄付いただいたみなさまからのコメントをリアルタイムでご紹介しています。

お名前 日付 金額 コメント
新井 俊明 2020年11月23日 50,000円 日本の光量子コンピューター研究に期待しております。
<光量子コンピューター研究支援基金>
******** 2020年11月23日 100,000円 日本の医療研究が世界の人々のためになることを祈願しています。
<未来医療開発基金(医科学研究所)>
******** 2020年11月18日 10,000円 AIM製剤の実用化を早期にお願いします。
<東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)>
クロスウィルメディカル㈱ 阿部篤仁 2020年11月18日 200,000円 新潟県立がんセンター新潟病院 消化器外科部長 藪崎 裕先生の新潟日報(10/21付)の記事を拝読させていただきました。本プロジェクトの成功をお祈りしております。難治性の胃がんに対して一助となれば幸いです。
<スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発>
鵜川 智 2020年11月16日 100,000円 世界の多様な人材と人的なネットワークを持ち、グローバルで活躍する人になって頂きたく。学問だけでなく人としても魅力的で、周囲から愛される人に育って頂きたく。どんなに困難なことも乗り越えて行く、強い信念を持って頂きたく。
本郷 安史 2020年11月14日 100,000円 私自身も環境エネルギー問題に関わっており、特に電気自動車の普及推進に力を入れている関係もあり、是非このプロジェクトを成功に導いて頂きたいと考えています。
<南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く>
******** 2020年11月14日 30,000円 ささやかだが、いささかでも力になれれば
<留学生支援基金>
平塚 眞 2020年11月13日 30,000円 昔はどこにでも見られたメダカが絶滅危惧種になっているとは驚き悲しい。保全活動がんばって下さい。
<メダカ自然集団の保全事業支援基金>
森田 孝明 2020年11月13日 10,000円 生物多様性の観点から、本当に素晴らしい取り組みだと思います。素晴らしい研究に結びつきますことを、心より祈念いたします。
<メダカ自然集団の保全事業支援基金>
******** 2020年11月11日 5,000円 友達と恩師を研究テーマの癌で亡くしました。早い治療法確立を祈っております。
<スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発>
******** 2020年11月09日 10,000円 日本から世界全体の幸福に繋がることを期待しています
<南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く>
八十川 紀夫 2020年11月09日 500,000円 人間らしいバランスの取れた判断力や想像力の源として
リベラルアーツの重要性がビジネスの世界でも認識され始めているようです。
世界をリードしてください。
<ミュオグラフィ リベラルアーツ基金>
******** 2020年11月08日 10,000円 日本や世界人類の発展、よりよき世界のためにお使いください!
竹内 康裕 2020年11月07日 100,000円 航空学科創設100周年おめでとうございます。
<航空宇宙研究教育支援基金>
橋本 和弥 2020年11月07日 100,000円 東大研究者の(また他の研究機関との連携を通じて)英知を結集して新型コロナウイルスへの効果的対策が講じられるようになりますよう、またアフターコロナの時代が明るい世の中になりますよう切に願っています。期待しています。
<新型コロナウイルス感染症緊急対策基金>
******** 2020年11月07日 100,000円 コロナの大変な時代、学生さん達も対面授業が出来ずで大変だと思いますが頑張ってください。青春時代に沢山本を読んでください。
<東京大学附属図書館支援プロジェクト>
岡 芳明 2020年11月04日 1,500,000円 原子力工学を学ぶ優秀な東大の学生を集め育てることにお使いください
坂 洋一郎 2020年11月03日 300,000円 Make Japan Great Again !
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147次へ »

See more