東京大学基金ホーム > 早野龍五教授からの活動報告4

早野龍五教授からの活動報告4

早野龍五教授からの活動報告4

活動報告

東京大学大学院理学系研究科  教授  早野龍五

 東大基金を通じて早野宛に御寄付をいただくようになってから、4年近くになろうとしています。皆様への感謝を込めて、私の福島での活動について御報告いたします。
 これまでに、2012年8月に給食の放射能検査への取り組み、2013年4月にホールボディーカウンター検査の成果、2014年2月に乳幼児専用の内部被ばく検査装置「BABYSCAN」の完成ついて御報告いたしましたが、4回目となる今回は「福島の、そして世界の高校生は、日常生活でどのくらい外部被ばくしているか」について御報告いたしたいと思います。

1. なぜ外部被ばくか

 私はこれまで、給食の放射能検査、ホールボディーカウンター検査、BABYSCANの開発など、福島の内部被ばくの状況を明らかにする活動に取り組んできました。
 最近では、2015年10月9日に、福島県内に3台設置されたBABYSCANを用いて2014年度に2700人以上の乳幼児を測定し、放射性セシウムが一人も検出されなかったことについて、日本学士院の英文誌に発表しました。この論文で特に重要なのは、受診者に地元の米、野菜、水道水などを摂取し、震災前とあまり変わらない生活をしている家庭のお子さんが多く含まれているにもかかわらず、そのような生活が、現在の福島では内部被ばくのリスクを増やしていないことが示されたことでした。
 このような結果が出ても、内部被ばくに対する不安がすぐに払拭できるわけではありませんが、数値の上では、福島において内部被ばくよりも外部被ばくの線量の方が若干高いのです。すなわち、現在、内部被ばくで1ミリシーベルトを超える方はおられませんが、外部被ばくで年間の追加被ばく線量(事故由来の放射性セシウムによる外部被ばく線量)が1ミリシーベルトを超える方は、一定数おられます(たとえば2014年度に行われた福島市の調査では、約4%)。
 福島の外部被ばく線量は、日本や世界の各地と比較してどの程度なのか。それをぜひ知りたいと思い立った福島高校の生徒さんたちと、2014年の夏から取り組んできたのが「Dシャトル・プロジェクト」です。

2. Dシャトル・プロジェクト

写真1:プロジェクトで用いた電子式個人線量計「Dシャトル」。皆さまの寄付金で購入したものです。

写真1:プロジェクトで用いた電子式個人線量計「Dシャトル」。
皆さまの寄付金で購入したものです。

 Dシャトルは、写真1に示すような電子式の個人線量計です。福島県内での外部被ばく個人線量測定に広く用いられているガラスバッジと異なり、一時間ごとの累積線量を記録することができます。
 プロジェクトには、福島県内6校、福島県外6校、福島県外の日本各地6校、フランスの3地域4校、ポーランドの7地域8校、ベラルーシの2校の、高校生・高校の先生・専門家、全部で233名が参加しました。
 参加者には、線量計を二週間携帯し、行動記録を付けてもらい、これを回収して福島高校の生徒さんが中心となってデータを解析しました。

3. 福島の高校生の外部被ばくは他の地域と比べて決して高くない

図1:世界各地の高校生の個人線量(自然放射線の寄与を含む1年分の値)の比較。
図1:世界各地の高校生の個人線量(自然
      放射線の寄与を含む1年分の値)の比較。

 その結果を示したのが図1です。左の6校が福島県外、真ん中の6校が福島県内、右の5つがベラルーシを含むヨーロッパで、縦軸は、自然放射線の寄与を含む、年間外部被ばく線量です。ご覧の通り、どの地域でも、年間で1ミリシーベルト内外で、福島やベラルーシが特に高くないことが示されています。
 この結果は、2015年11月27日に、“Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus - the ‘D-shuttle’ project -”というタイトル(和訳:日本、フランス、ポーランド、ベラルーシの高校生による外部被ばく個人線量の測定と比較– D-シャトル プロジェクト –)で、英国の放射線防護の専門誌 Journal of Radiological Protectionに、掲載されました。プロジェクトに参加した200人以上の高校生全員の名前が載った、その論文の表紙が図2です。
 この論文を、誰でも無料で読むことができる「オープンアクセス論文」とするための費用も、皆さまからの寄付金から支出いたしました。ご支援ありがとうございました。

図2:世界の高校生の名前がアルファベット順に並んだ、個人線量比較論文の表紙図2:世界の高校生の名前がアルファベット順に並んだ、個人線量比較論文の表紙

図2:世界の高校生の名前がアルファベット順に並んだ、個人線量比較論文の表紙

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。